育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

日本に 物理学が根付かなかった?



本ではなくて、子どものための実験教室ってどんなものがあるのかなと検索していて見つけたサイトの中の記事なのですが、今年の7月16日に、大阪大学で行われた、南部陽一郎先生(2008年ノーベル物理学賞受賞)の講演を受けて書かれたものが面白かったです。(このリンクページの「ブログその106」とあるものです)


文系の私には、物理学なんて、全てが目新しい事柄なのですが、本記事の中で引用されている、南部先生による「理論を作る3つのモード」が興味深かったです。


①湯川型… 現象に出会った後、考えて、数式を見つける

②アインシュタイン型… 理論を作った後、あるはずの「何か」実験で見つける

③ディラック型… 数学美的観念から数式を作る。すると、数式に合う現象の存在が見つかる。



そして、この3つのモードの後に書いてある、下記の南部先生の発想の話も面白かったです。

新しい発想が浮かぶ時もちろんそれまでにあらゆることをやっているのですが、ヒントとかは突然やってくるものです。なぜかと言うはなんともいえませんがね。24時間、寝ている時も絶えず頭の中で考えている・・・。人によって違いますが、私の場合は、主に発想が浮かぶのは、夜が多いかもしれません。寝ている時だったり、NYの地下鉄に乗っている時にハッと浮かんだり。細かい計算をしていると頭がこんがらがってきますから、そんなことはコンピュータとかでやればいいんです。細かい計算をしているときには、大局を見ることができない。そこだけしか見えていないですからね。そういう時は、横になって考えてみるんです。そうすると大局が見えてきて、考えやすい。するとふっと数式が浮かんでくるんです。


そして、なるほどなあ、と、思ったのが、南部先生が講演で引用されたという言葉です。

『日本は空の月を見て和歌や絵が生まれるが、天文学や物理は生まれなかった』


学問をしているからこそ感じる日本の文化というものがあるのだなと、新しい視点でした。??


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-11-23 17:14 | 私が最近読んだ本