育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

『内向型の(一人を好む)子供の親業』 続き



『内向型の(一人を好む)子供の親業』 続き


前回の記事(リンク)の続きです。言い回しが粗くて、統一されていないかもしれないのですが、アップします。



2. 人間関係の好みを尊重する

内向型を理解できると、子供の好みについて認識しやすいことでしょう。
認識できた好みは、尊重するようにしましょう。


例えば、内向型は少人数で過ごしたがります。他の子供が、5人以上のグループで遊んでいる中、我が子が1人2人で遊んでいたら、社交面で問題があるのではないかと、心配することと思います。

そして、もっと友達を作るよう励まさなくては、と思うかもしれません。大人数で遊ぶ機会を作ったりもするかもしれません。さらには、何か問題があるのかを、聞き出そうとするかもしれません。


でも、内向型にとっては、少人数でいることが幸せであり、大人数で遊ばないことが社交性の欠如を表しているわけではないと、理解することで、我が子の友人関係を心配することはなくなるでしょう。

子供が望む以上に、他の友達と過ごすように言ったり、もっと友達を増やすように励ましても、友達を増やすことはないし、積極的に他人と話すようにはなりません。

そればかりか、エネルギーを消耗してしまうし、怒り出すことでしょう。(そして、あなたは「やっぱりこの子には問題があるんだわ」と、思い込んでしまうという悪循環に。)


友達関係にあれやこれや口出しすることなく、子供に過ごしたい友達と、過ごしたい時間を決めさせるようにしましょう。



短くてすみません。今日は、ここまでにしておきます。 次に、受け入れる、という項目に続きます??

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-18 16:50 | ギフテッドの親業