育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

英語だとやる気がでるのか?


ミチは、知識欲が旺盛なので、子どもの頃から、英語で調べ物ができるとよいだろうなあと思っています。日本の出版不況で、日本語で読めるマニアックでクオリティの高い本は減っているようですし、インターネットは世界中をつないでる、その言語は結局のところ英語だからです。

また、彼の個性は、どの世界で生きるかわからないので、日本語に限定するよりも、英語も第二外国語としてある程度できていた方が良いだろうなあという思いもあります。


そこで、以前からボチボチ、英語で本を読んだり、DVDを見たり少しだけしていましたが、効果としては、まあ英語という言語が存在してるっぽいな、と、ミチが認識したという程度にとどまっていました。

ベネッセの英語教材からヒントを得て、英語だけをしゃべるパペット(ふくろうさんと呼んでます。)をイケアで買って、親が超簡単なフレーズだけしかできないのですが、しゃべるようにもしていました。

c0290215_16335793.jpg



英語に関しては、そんなでしたが、思いつきで、ミチを英語しかしゃべらない環境に入れたらどうかなと思い、体験ですが、昨日、たった50分の英語教室に行ってきました。

かなりのボリュームを、英語で話しかけてくれる先生でした。(歌って踊ってではなくて、英語でお勉強系)


ミチは、相当気に入ったみたいで、家に帰ってからが面白かったです。

英語への好奇心スイッチが入ったのか、今まで、ほとんどリクエストしなかったふくろうさんを私にリクエストしまくり、ふくろうさんの英語を聞きたがり、英語の本を何冊も取り出し、読めと催促。

色んな動物をふくろうさんは何というのかを知りたがり、いろんな図鑑を出してはふくろうさんと話したがり、正直、私の能力が追いつきませんでした。

(グレビーシマウマ、サバンナシマウマ、ヤマシマウマをそれぞれ英語でなんというのかも分からないし、宇宙のことなんて、サッパリ分かりません〜)



そして、ブログに書き留めておこうと思った理由なのですが、英語だと、ミチが日常生活能力Upしようと、やる気まんまん、頑張るのにビックリ。


ふくろうさん相手だと、

ボタンにチャレンジ(初チャレンジです!)

苦手意識満載のスプーンにもチャレンジ(すくって食べてました)

なんとお箸にもチャレンジ!(うまくいかなくても癇癪おこさず!)



私の語彙が少ないおかげなのでしょうか、ふくろうさんのおしゃべりは、こんな感じです。

yeah, yeah, good, you're doing very well, yes yes try it! gooooood! good try! oh you did it !!!


頑張ってるねえ、よりも、good try! の方が楽しいのか、私の表情が違うのか。


英語は実際この先どんな風にしたら良いのか、試行錯誤ですが、トイレ周りの言い回しを私が勉強して、トイレもふくろうさんにはげましてもらおうかしらと思ったり。笑


ちょっとしたことですが、面白い発見だったので、ブログに書き留めておこうと思いました。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-13 16:40 | ミチくんのできたよ!メモ