育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


久々に大ヒットの本です!

『12の星のものがたり』 著者 tupera tupera

c0290215_2346337.jpg


牡羊座、牡牛座…といった12星座についてのギリシア神話の絵本です。見開き1星座で、良いデザインです。

ミチと読む本が、マンネリ化してきたので、ギリシア神話なんてどうよ?と思ってAmazon検索、見つけました。

ギリシア神話なので、悲しい話や痛そうな話もあるのですが、ミチは、チラッと涙を見せたり、考え込んだりしていたものの、絵のトーンが独特で怖くないからか、オリジナルの七五調の文章が心地よいからか、とても気に入って、何度も何度も読んでとせがんできます。(通しで読むのではなく好きな星座の話を一つずつ)

c0290215_23481041.jpg



星座の星の並びの一覧や、季節の夜空の星座のページもあって、こちらもそこそこ楽しんでいます。

c0290215_2348491.jpg


本当に良い本で、私も楽しめて気に入っています。ミチも言葉も普段の絵本にないものなので、面白がって真似したりしています??

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-09-30 23:51 | ミチくんの好きな本メモ

2歳10ヶ月なりたてメモ

2歳10ヶ月

この1ヶ月で、身長が伸びて、頬がスッキリしてきた気がします。いつも一緒に寝ていた犬のぬいぐるみも、床に放置され、もう愛着はなくなってきたみたいです。お兄ちゃんになってきたのを感じます。

自分がお兄ちゃんになってきたのを確認するかのように始まったのが、赤ちゃんブーム。
託児でみかけた赤ちゃんが可愛かったらしく、そして、その時赤ちゃんがシマシマ模様の服を着ていたのが印象的だったのか、「シマシマの服を着た赤ちゃん♥」にハマっています。
自分も寝る時は、赤ちゃんなの〜、ということで、シマシマのパジャマがお気に入り。

また、ママといる時とそうでない時の使い分けは、かなり明確にしています。ママがいないところで頑張った後は(特に「パパと二人旅」が好きで、毎週末パパとお弁当を持ってどこかに出かけています。)、かなりの甘えん坊です。この甘えっぷりもびーびー泣いたりしてかなりうるさいのですが、甘えさせないと、将来彼女に変に甘える男になってしまうのでは、なんて思って、ふんばっています、笑。


他には、

思い通りにならなかった時の癇癪の激しさが増している。
おしゃべり大好きで、たえず話しかけてくる。(理由を添えるのがブーム)
どうして?ブーム。(身体の仕組みについての質問もブーム)
大声で歌うの大好きで、所構わず歌う。(替え歌、オリジナルソングが多い、笑)
ヤキモチやきの度が過ぎる(私が誰かと話せば、大声で邪魔してみな苦笑い)
そして、走る、跳ぶ、登る!


あと、赤ちゃん時代に、物を口に入れることをしなかったのですが、ここにきて口に物を入れるようになりました…。(赤ちゃんの時は、口に入れずに、なぜか頭の後ろの方にコツコツたたいていました。物の感触を確かめているようにたたいているかのような。)危ないのでヒヤヒヤです。

また、すごく子供に興味を持って見るようになりました。お気に入りのお友達もいるようで、その子の名前を言っては喜んでいます。(まだ一緒に遊んでいるわけではなく、見ているだけです。)


そうそう、ここ最近、テレビの封印を解いたのも、メモしておこうと思います。
台風の様子を知りたくて、押入れからテレビを出したのですが、その後も出しっ放し。私がメイクをしている時にテレビを見せたら、邪魔されなくなり、アイラインがきちんとひけた!という私の都合なのですが。

ミチは、地雷がありそうな場面になったら、戸の隙間からテレビを見ており、時折「テレビ消すの〜っ!」と騒いでいます。人の顔が正面に大きくアップになって、しゃべっているのが怖いみたいです。あと、子供が上手にご飯を食べている場面で、癇癪起こしていました。苦笑


歩き方で気になるのは、落ち着いている時は普通に軸のある歩き方ができるのに、興奮すると、目つきも飛んで、くにゃくにゃになることです。これは、そろそろちょっと丁寧にケアしてみようかなと思います。(特に夫と手をつないで歩くとこうなる。愛犬も同じだ、そういえば…。)

以前、何でも怖がって、歩けずに抱っこ抱っこになった時は、「あし、あし、あし」と言いながら、足首を触って意識させ、ゆっくり歩かせて(怖いと早足。ゆっくり歩くことで平静に。という意図。我流です。)、怖がらずに歩けるようになったのですが、さて、今回はどうやって体を意識させてみようかなあ。と、考えています。


オムツも、スプーンも、ボタンも、靴も、一進一退。まあ、平均より遅れていると思います。
でも、この辺りは気にしなくなりました。その時を待てばいいや、と。


あと、ミチがこんなこと言ってたなあと後で振り返るためのメモとして。

ミチは、もともと動物大好きなのですが、馬の世話の写真を見たのと、近所の乗馬クラブで子供達がポニーの世話をしているのを見て、小学生になったら、自分もポニーの世話をし乗馬するのを熱望。馬は大きくて怖くて遠目で見ています。笑

相変わらず、チェロを習う気満々で、ママにピアノでアンサンブルするつもりのよう。(ママがピアノ下手だと知らないので。知ったら、癇癪起こすかも。)ウクレレの弦に、木琴のマレットをあてて、チェロの真似事をしています。かわいいです。
チェロを習うために早く大きくなりたいと言っています。(いつまで続くかしら)(バイオリンではなく、チェロが良いそう。なぜかしら?)

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-09-24 23:06 | ミチくんのできたよ!メモ

今月から月に2回、こども造形教室に通うことになったミチ。 今日は2回目の教室でした。
魂がとても自由な先生で、家ではなかなかできない創作活動(といっても2歳なのでたかがしれていますが)をのびのびさせてくれています。

最年少はミチ、上は小学校4年生までが、ざっくり集う教室で、お兄ちゃんお姉ちゃんにもかわいがってもらっています。その様子を垣間見て、親として嬉しくなります。(いい子ばかりなのです。)

粘土や絵の具を使わせてもらっているのですが、前回も今回も、この教室が終わったあとは、ミチの表情が良く、心が晴れ晴れとしているような、そんな雰囲気を感じました。

いい先生が見つかって良かった〜♥

この先生は、プレスクールで先生をしていた経験もあるそうで、幼児の扱いもとても上手。ミチの言葉が妙に達者なのも、態度が大人びているのも、勝手に遊びを作り出していくのも、すぐに見抜いて、上手く扱っていただいていて、とてもありがたいです。(「ニュータイプだもんね〜♪ 」とかわいがってくれています。笑)

今日、先生からうかがって、意外に思ったのが、「手先の発達も早いですね〜」と。
粘土の時だけ、やる気だすのかしら?それとも、教室の雰囲気で完璧主義由来の緊張がなくなるのかな?

相手と場によって、甘え度(自立度)だけでなく、完璧主義度も変わってくるのかもしれません。(もしかすると、私の見ている時が一番完璧主義なのかも。私自身反省すべきことがありそうです。)

0歳から、よくミチの相手をしてくれている友人から、「ミチくんは、芸術系だね、笑。枠にはまらないっていうか。小学受験とか違うよねえ。」と、言われたばかり。どうも造形教室はフィットしたみたいです。

ゆる〜い習い事なのですが、ミチにとって価値ある時間が持てているようで、本当に良かったなあと思います?? 。 また、家とは違う一面を見せているようで、親として学ぶところがあります。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-09-14 20:33 | ミチの親業メモ

ミチは、この秋3歳になります。そこで目を引いた記事なのですが、この記事を参考に、以前に増して遊び内省する時間を大切にし、恐怖症になりそうなことに対してだけでなく、想像力が圧倒的に豊かであることを頭に留め置くようにしたら、私が楽になりました、笑。(つまり、イライラが減りました、苦笑)
そして、スプーンに手こずることになった理由が分かりました。使わせようとしたのが彼にとっては、早かったのと、私がしつこかったから…、です。苦笑

今回も、suite101内の記事です。


『ギフテッド 3歳 過ごし方』

知能面でギフテッドである子供を持つ親は、同年齢の他の子供と比べて我が子が優秀であると早くから分かるものです。

知能面でギフテッドであるというのは、非同期発達によって実際の年齢以上に知的能力が進んでいる状態です。(非同期発達の定義 過去記事


検査は6歳が理想的

ギフテッドの特徴がみられたとしても、6-7歳にならないと、検査をしても適確な情報を得られません。ですから、公式な検査を受けられるまでは、“ギフテッドかもしれない”として、子育てをすることになります。

ギフテッドの子供を持つ親は、ギフテッドについてよく調べ、子供の持てるものを発揮できるように努力することになるでしょう。そのためには、不要な刺激から遠ざけたり、卓越した知的能力に適した教育、おもちゃ、アクティビティが必要になってきます。そして何よりも、ギフテッドの子供には膨大な遊びの時間が必要です。



ギフテッドの子供には、遊び考える自由な時間を持たせる

ギフテッドの子供には、活動時間(インプットの時間)よりも休止時間(消化の時間)の方がはるかに大切で、休止時間を尊重してあげる必要があります。新しい情報を吸収したり、頭の中で考えたり問題に取り組んだり、ただ気の向くままに思い巡らしたりする時間が必要なのです。

休止時間を持つことはとても健全で、幼いながらも、ストレスの一つの解消法にもなります。


確かにコンピューターや映像のようなテクノロジーは素晴らしいものですが、自然の中から見つけたものについて考えてみたりとか、本から学ぶ経験をするとか、五感を用いて何か試してみるといったことは、貴重な体験です。

ギフテッドの3歳児の多くは本を読めるし、そうでなくても親から本を読んでもらったり、教育番組や読書用キットやカードなどを通じて、自ら学ぶことでしょう。


さて、全てにおいてバランス良く、ほどほどにするのがギフテッド親業の鍵です。1日に1時間のコンピューター、1時間か2時間のテレビ視聴、そしてたくさんの遊び時間、外に出て、ただ子供らしく遊ぶ!これがギフテッドの子供の理想的な1日です。

文字や読書に興味を持ち始めたら、それを手助けするツールを与えるのは悪いことではありませんが、早くから読めるようにプッシュしないことがとても大切です。つまり、何事においても、本人が準備ができていないのにやらせようとしないことです。年齢以上のパズルをやらせようしたために、イライラし、それが元で、以降パズルに見向きもしなくなるといったことが起こります。やってみるかどうか誘った時に、興味を持てば、やらせてみて、やりたくなさそうならば、またの機会にとっておくといったことが必要です。



ギフテッドの幼児と社交

子供と遊ばせるのは良いことです。遊び相手は、ギフテッドであったり、同年齢である必要はありません。ギフテッドの子供は、一緒に遊ぶ子供達から素早く多くのことを学びます。また、他の子供と遊ばせないと、早期に育まれるべき社会性に遅れが出ることがあるので注意しましょう。

内向型の子供であっても、他の子供達といると、子供の様子に猛烈に好奇心を持つものです。でも、内向型の子供が遊びの中心になることはほとんどありません。というのも、他の子供を観察するのに忙しいからです。これだって、素晴らしい社交です。人間関係のやりとりをギフテッドの子供達は観察しながら素早く学び取るでしょう。

また、欲しいものを手にいれるのが上手い、他人を操作できるギフテッドの子供も少なからずいます。自然体で魅力的に振る舞えるほど、親から、えこひいきされていることでしょう。



ギフテッドの子供と恐怖症

2歳から5歳までは、他のどの年齢よりも、恐怖症になりやすいと考えられています。ギフテッドの子供は感受性が強いため、暴力的な映像、恐ろしい出来事、人に圧倒されること、ストレスの多い時間を過ごすことといった事柄が、恐怖症、神経症、吃音などを引き起こしかねません。

ですから、我が子の反応を注意深く見て、必要に応じて介入するようにしましょう。この時期は特に、トラウマとなり得ることから子供を守り、将来問題を引き起こすかもしれない種は避けるようにしましょう。

ギフテッドの子供は、想像する力が一般的な子供よりも優れているために、怖いことに対して非常に繊細です。受け皿自体はあるのですが、多くのことに上手く対処できないのです。親が一番子供のことをわかっています。器があふれそうになったら、割って入り、その状況から我が子を救い出してあげましょう。


ギフテッドの子育ては、チャレンジングです。テクノロジー、新しいこと、社交、自由な遊び、自然の中での体験、といった、バランスの良い生活で、彼らは生き生きと輝きます。くれぐれも遊ぶ時間をたっぷりとらせてあげてください。そして、振り返り、内省する時間もたっぷりと与えてあげてください。

元記事リンク


そうそう、ミチは他の子供をこれでもかというほど観察しています。内向型の子供のこういったことを知らなかったら、「ほら、ミチも一緒に遊んだら?」と、大切な観察の時間の邪魔をしていたに違いありません。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-09-04 16:36 | ギフテッドの親業


今月の「しまじろう」。送られてくる本の中に、必ずしまじろうが困っている場面があると知っているミチ。いつもは、「見たくない〜!」と、泣き出すのに、今月は、「しまじろうが泣いてるの見る〜っ!♥」と、しまじろうが困っている場面(つまりは、しつけストーリー)を最初から探していました。

そして、泣き出すこともなく、逆にしつこく毎日このページを眺めています。(好きすぎてページが破れて補修しました)
そして、何やらブツクサ言っています、笑。

c0290215_1425714.jpg



最近、お兄ちゃんになろうとしているのか、お化け屋敷に行きたがったり(お化け屋敷の案内があって、お化け屋敷とは何かと説明したからなのですが)、注射の話をあえて出してきたりと、スリルを味わい克服する、というのがお気に入りのようです。


と、ここまで今月の「しまじろう」、絶好調だったのですが、途中に入っていた『おむすびころりん』がダメでした。

ウィキペディアによると、『おむすびころりん』の一般的な結末は、「怒ったネズミが欲張りなじいさんに噛み付いた」と、いうものらしいのですが、ベネッセは、暴力シーンを避けるための結末を採用していて、「欲張りなじいさんはモグラになりました」と…。

これが、ミチにも私にも大不評で、急に人間がモグラになるという不気味さが、ホラーなのでした。ミチは、「もぐらになったの怖いから見ない!」と、叫び、『おむすびころりん』は拒絶。

トラウマになりそうだと判断した私は、このお話を封じ込めるべく、セロハンテープで袋とじのようにページをくっつけ、ミチも一安心。ふぅ〜っ。

毎月届きますが、なかなか、全ページを泣かずに楽しむのは難しい「しまじろう」です、笑。

それにしても『おむすびころりん』、欲張りじいさんがネズミに噛まれる方が、不気味じゃないし、勧善懲悪が分かりやすくて良いのに〜??


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-09-03 01:48 | ミチくんの拒否リスト