育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


Suite101に投稿された記事にはまっています。今回はミチの難しさを助長している「完璧主義」の子育てについて見つけたので、日本語にしてみました。
夫にもよく読んでおいてもらおうと思っています!


『ギフテッドの完璧主義を和らげる』

完璧主義傾向のあるギフテッドの子供は、不安感、鬱、自己肯定感の低さ、学業不振を招きがちです。完璧主義とは何でしょうか。そして、親はどのような手助けをすれば良いのでしょうか。


ギフテッドの完璧主義者は、条件付きで自己評価しようとします。完璧主義というのは、優れていたいとか、きちんとしていたいという気持ちの問題ではありません。完璧主義者は、自ら設定した高い目標に到達できるかどうかで、良いか悪いか、賢いかまぬけか、賞賛に値する価値があるかあるいは誰からも見向きされないほど無価値か、と自分自身を評価します。

完璧主義者は、失敗や、細かい間違いが許せません。完璧主義のパーソナリティは、どうして作られるのでしょうか? ギフテッドの子供が、完璧主義のリスクを避けるために親ができることとは何でしょうか?


完璧主義になる原因

完璧主義の特質があるかどうかは、遺伝によって決まるものですが、その程度は、環境によって変わります。先生や親が、パフォーマンスに対しての努力や過程ではなく結果を誉めると、認められ、愛されるためには完璧でなくてはならないと思うようになります。

『やればできる!の研究』(あーちゃんママさんの紹介があった本です)の著者でもある、キャロル・ドゥエック博士は、大人の予想していた結果でなかったことをあれやこれや言うのも完璧主義を招くけれども、ギフテッドの子供が上手くいった時に、子供自身のことではなく、結果を誉めること、完璧主義を増長すると警告しています。

教師や親が、ギフテッドの子供がAをとったのを誉めたなら、愛されるためにはいつも完璧で賢くなくてはいけないという、間違ったメッセージを伝えてしまいます。しかし、努力と過程を強調することで、ギフテッドの子供が完璧主義になるのを防げるのです。ギフテッドの子供がよくやった時、大人は、「勉強をたくさんしたのね(たくさん調べ物したんでしょう、よく集中して取り組んだね)。がんばったね。」などと言うと良いでしょう。

自分のイメージを結果そのものではなく、努力過程にしっかりと結びつけられるし、賢さという個人特性とも結びつけることはないでしょう。


完璧主義のリスク

・不安
・鬱
・自己肯定感の低さ
・引き延ばし(ぐずぐず先送り)
・完璧主義者麻痺(「完璧にできないのならむしろやらない」という状態 )
・学業不振
・強迫性障害


完璧というのはあり得ません。完璧主義傾向のあるギフテッドの子供は、完璧であろうとする間違った目標設定による大きなプレッシャーにさらされています。ギフテッドの子供は、プロジェクトの提出期限が近づくにつれて、極度の不安におそわれるかもしれませんし、パフォーマンスが期待されているレベルに到達していないのではないかと恐れることがあるかもしれません。
そして、完璧主義者は自分自身を酷評して、小さな間違いや失敗を拡大解釈します。スペルミスや“A➖” という評価や、ちょっとした雑用をしている時の小さなミスでさえも、自己否定の材料になります。

大きな課題が近づくと、ギフテッドの子供は、“完璧主義麻痺”(「完璧にできないのならむしろやらない」という状態)を起こしがちです。できる範囲にまとめるのではなく、完璧主義ゆえに、出された条件以上のものに仕上げようとしてしまいます。、完璧主義者には、「これでヨシ!」というのはありません。5ページのレポートは、30ページに膨れ上がります。3つの資料が必要な課題をやろうとすれば、最善の情報を見つけるために膨大な読書をすることになるでしょう。完璧主義者が結果に満足できない時には、完璧でないものを提出するくらいなら、出来上がったものを破棄するということもしてしまいます。

強迫性障害は、繰り返しや儀式的であることが明確な特徴ですが、完璧主義者にも強迫的な要素があるため、強迫性障害に発展することも考えられます。完璧主義のギフテッドの子供をサポートするためには、強迫的であるという診断が必要なこともありますが、勉強のスキルを伸ばしたり、優先順位を定める練習をしたり、正解と間違いしかない、白か黒かといった思考の癖を修正することが、完璧主義を和らげることになります。


完璧主義を克服するための親と教師の役割

完璧主義は、子供時代に条件付きで認められた経験で作られていきます。両親がうまく行った成果を褒めたり、間違った方法で欠点や足りないところを指摘することで、子供達は自分の価値は出した結果次第であると思うようになってしまいます。また、ギフテッドの子供は秀でた結果を褒められることが多いので、完璧主義というパーソナリティを助長させやすいのです。ギフテッドの子供に関わる大人は、結果を見るのではなく、柔軟な考えをもつこと、努力する過程を楽しんでどんどんチャレンジするという考え方を持てるよう、言葉がけをしたいものです。


元記事リンク



にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-27 17:20 | ギフテッドの親業

2歳9ヶ月なりたてメモ


2歳9ヶ月、この1ヶ月でどんな成長があったかしら?
う〜ん、癇癪対応に追われた1ヶ月だったので、成長を感じる余裕がなかったかも…、苦笑。

癇癪のトリガーに変化が出てきたかなあ。それも成長か?笑

“変更”がトリガーになってきました。

我が家は、玄関から車までが遠いのですが、車に向かう途中、「あ、サングラス忘れた。取りに帰るね。」で、号泣。

スターバックスで出てきた子供用オレンジジュースが、コップではなく、ただの紙パック入りジュースということで、思ったのと違ったということで、しばらく黙り込み、飲み終えたあと号泣。(結局飲んでるんですけどね、笑)

毎朝食べているオレンジ味のビタミン。「1日ひとつだけだよ。」と言っていたのですが、容器を声を出して読んでくれととミチに言われて読んだら、take 1 or 2 と書いてあり、「あれ、2個でも良かったみたいだねえ。」と言ったら、号泣。1個じゃないとだめだったそうで…。

何事も思っていたのとは違うこともあるというのを、泣き終えたミチに言って聞かせています。はあ。

それと、言いたいことがうまく言えない時の号泣は長引きます。もう面倒です〜。

癇癪中は、育児を丸投げしたい!と心底思います、苦笑。
赤子の頃から大声で泣いているので、肺活量があるんじゃないかしら?テノール歌手目指しますか?というほど、大きな声。うるさい〜っ。
泣き声聞くたびに、私のコラーゲンが減っていっている気がします。(実際、白髪が出てきて、どっと増えました!)


そして、活発さは増すばかり。
ジャンプブームで、あらゆるところで、ジャンプ!飛び降りたり、幅跳びしたり。
暑いので、パパと二人でキドキドに行けば(ママはいないほうがいいとミチ。パパとママで気持ちを使い分けてます。)、トランポリンのようなマットを40往復くらい激走。(夫は大げさかつ数字に責任持たない男なので、40往復は誇張してると思います…。)

家でも大声で歌ったりしゃべったりしながら、走り回っています。私があと15歳若ければ、このにぎやかさも楽しめたのでしょうが、40歳すぎて、このにぎやかさは苦痛です。若くないママ、ミチには申し訳ない…。

生活に関しては、おまるでうんちをしてみた(シール欲しさに)、外出先でおしっこをしてみた、パジャマのボタンを手伝えばはめられる(託児の日だけ?)、スプーン&フォークは託児ランチタイムの時だけ使う(家では絶対こぼしたくないのだそう…)など。

この夏分かったのは、パパと二人で出掛けている時には、泣かない…ということ。
しっかりパパとママで、気持ちの切り替えしているようです、笑。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-21 14:38 | ミチくんのできたよ!メモ
17時過ぎに寝て、まだ起きません。ミチは朝まで寝るのでしょうか。かなりはしゃいだ一日だったので…。本日2本目の投稿です。


死に興味が出てきたミチ。

春先から、アリを潰したり、虫が死んでるのを見かけては、死ぬという言葉に興味をもったよう。
夏になってからは、セミの幼虫をふざけて踏んだら死んでしまい、その時に私が「あぁぁぁ〜っ」と、同情の声を発したのをきっかけに、死は特別のことと思ったのか、興味が増したようでした。

そして、私の自損事故。事故車は死んだとは言わずに壊れたというのもバッチリ理解、苦笑。生きているもの、生まれてきたものが死ぬということも知りました。(余談ですが、車昨日戻ってきました!)

夏の絵本によく登場するアイテム、お墓。今までお墓が何なのか説明しても今ひとつ分かっていなかったのが、昨日は、死んだ人の体が埋めてあるということで理解できたもよう。

お墓を理解した後、「死んだ人はどこに行くのかな?」と聞かれたので、私独自の考えだけれども、「体はお墓の下に埋まって、心は宇宙に帰るんだよ。」と答えてみました。

するとミチ、「宇宙で次の新しい体を探すんだね。」と。

おぉ、スピリチュアルだねえ、と、調子に乗った私は、「3歳までは生まれる前の記憶があるんだよ〜、うちの娘はねえ…」と、我が子の語った前世記憶を熱く語っていた友人を思い出し、「ミチくんは、生まれてくる前はどんなところにいたのかなあ?」と、聞いてみました。

「掃除機と一緒にいたの。」という答え。「???」会話終了となりました。笑

「お盆休みって何かなあ?」も、流行りの質問。こんな会話をしつつ、ミチとそっくりな天国のジジを偲んでいます。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-12 19:22 | ミチくんのできたよ!メモ
ギフテッドとアスペルガーについて簡単にまとめた記事を見つけました。Suite101.comという、ライターが記事を投稿するサイトです。ギフテッドの専門家が書いたわけではなく、参考文献からライターが自分なりにまとめた記事のようです。なので、そのまま鵜呑みにするというよりも、そんな見方もあるのね、と、いったところでしょうか。


『ギフテッドとアスペルガー症候群』

ギフテッドとアスペルガーの子供の行動上の問題は、似通ったものもあります。

ギフテッドの子供の親にとって、アスペルガーの診断も受けるというのは、好ましいことと好ましくないことの板ばさみになっているようなものかもしれません。実際、子供の育てづらさの原因はアスペルガーとは関係なくギフテッドであることだけに理由を求める親も少なからずいます。ギフテッドの子供が経験する感情的な問題は、アスペルガーの子供の社交の不器用さ、同級生への興味のなさと似ているからです。

アスペルガー症候群は、医学界では新しい分野であることからも、誤診も多くあります。しかし、ギフテッドとアスペルガーの両方の診断を受け、誤診ではないと思うのなら、それぞれのサポート法を学んでおくに越したことはありません。


《アスペルガー症候群の行動上の問題》

ステファン・バウアー博士の記事「アスペルガー症候群」によると、アスペルガー症候群を見分ける“刻印”とも言える特徴は、普通とは違う特異な分野への興味が強いというものです。数学や科学などに興味を示し、全てを知り尽くしたいと思うといったことです。そして、周りがこれらの話題に興味がないということに気づかず、社交上で孤立してしまいがちです。

また、アスペルガーの子供は、しばしば感覚統合の問題も抱えています。洋服のタグやチクチクする生地に耐えられないといったのもこの問題によるものです。教室の賑やかさや、その他刺激がきっかけで、不安感が高まったり、メルトダウンを起こすこともあります。

身体の動かし方が上手くないのもアスペルガーの特徴です。他の子供にとっては簡単な課題が上手くできないことがフラストレーションとなり、非社交的な態度のをとる原因になることがあるのです。


《アスペルガーの子供に似ているギフテッドの行動》

ギフテッドは一つ一つのことに猛烈に集中し、他のことを受け付けないくらい、情熱的に取り組みます。また、非常に感受性が強く、他の子供が気にしないレベルの騒音、光、感覚といった刺激を不快に思います。この集中力と感受性の強さが原因で、非社交的と見られたり、教室で問題児扱いされたりしがちです。

そして、知能の発達レベルが違うので、同じ年の子供と関係を築くのは困難です。ギフテッドの子供は自分には分かる概念を理解できずにいる子供に対して、無関心だったり我慢ならないように見えるかもしれません。また、アスペルガーの子供と同じように、身体の動かし方が上手くないギフテッドの子供もいます。このことが原因で、周りから浮いてしまうこともあります。


《アスペルガーでもあるギフテッド(2E)の子供への適切なサポート》

ギフテッドとアスペルガーにはその関係性を示唆するのに十分なほど似通っていて、まるで同じスペクトラムに入っているかのように思えます。ギフテッドとアスペルガーの板ばさみを感じている親は、上記のような行動上の問題を軽く受け流して、ちょっと風変わりなギフテッドと呼びたくなるかもしれません。しかし、行動上の問題が、学業、社交、鬱っぽさに影響しているのならば、やはり専門家の手を借りるべきです。

国立神経疾患脳卒中研究所(NINDS)によると、アスペルガーの子供へのサポートプログラムは、興味に沿って、予測可能なスケジュールで、簡単な段階を踏んで教えて、高度に組み立てられた活動に集中させ、定期的に行動を強化するのが理想的とされており、プログラムには、次のようなものが含まれています。

・ソーシャルスキルトレーニング
・認知行動療法
・鬱や不安感への薬物療法
・作業、運動療法 (感覚統合、身体の動かし方に問題がある場合)
・専門の言語療法
・親業のトレーニングとサポート

アスペルガーの子供をサポートするためのプログラムは、ギフテッドの子供にも非常に役立つことがあります。とはいえ、これらのサポートの介在が行動上の問題を改善したからといって、子供のおかれた状況の病理にとらわれるべきではありません。アスペルガーでもあるギフテッド(2E)の子供には、創造性を伸ばし知能を刺激するアクティビティが必要です。
子供の強みを強調してください。強みを高め、内包している欠点を最小限に抑えるのです。

参考文献:
Webb, J. T. , Amend, E.R., Webb, N.E., Georss, J., Beljan, P., & Olenchak, F.R. Misdiagnosis and Dual Diagnosis of Gifted Children and Adults. Scottsdale, AZ: Great Potential Press, Inc., 2005.

元記事リンク

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-12 18:04 | ギフテッドの特徴
今日も、ブロックがうまくはまらない、食べ物をこぼした、という小さなことで癇癪起こしています。母に「私もこんなだったかなあ?」と、メールしたら、「完全にお父さん、あなたの血ね。悔しさの表現の仕方は違うけどね。あなたは、本のバカっ!積み木のバカっ!ってモノに怒ってたわねえ~。」と。
たしかに!思い出しました! 私、モノに暴言吐いてました。タチ悪いですね~。自分のタチの悪い癇癪を思い出したら、ミチの癇癪が可愛く思えてきました。笑


さて、ギフテッドとアスペルガーの比較リスト、今回で最後です。
(元記事は、gifted today という出版物のpdf です。)


『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 行動 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→変更、変化に対して、静かに抵抗するものの、大抵は受け入れる
ア→変更、変化に対して、激しく(動的に)抵抗する、頑として受け入れない


ギ→規則や組織、仕組みに対して疑問を持つ
ア→規則にこだわる、組織、仕組みが必要である


ギ→手指をパタパタさせる、体をねじる、複雑に体を動かすといった、典型的な行動は見られない
ア→手指をパタパタさせる、体をねじる、複雑に体を動かすといった、典型的な行動が見られる


ギ→問題が起きた時、本人がストレスを感じたり、悩んだりする
ア→問題が起きた時、本人は自分に影響が及ぶまで問題が起きたことに気づかず、親や教師がストレスを感じ、苦悩する


《 運動機能 》


ギ→体を上手に動かせる
ア→年齢に応じた体を動かす調整力が不足している


ギ→チームスポーツに興味を示す
ア→チームスポーツを避ける


ギ→生活に関わる動作が、年相応にできる
ア→生活に関わる動作の獲得に遅れがある

以上です!

スプーンや靴、ボタンなど、生活に関わる動作の獲得、ミチには遅れがあります。どうも、託児や母子分離の英語教室で、先生が上手く誘導すれば、手を使う作業に取り組み、それなりにはできるようになってきているようです。家でも練習してくださいね、と、言われますが、家では頑としてやりません。手強い2歳児です〜。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-07 15:59 | ギフテッドの特徴

今日は、ミチを託児所に預けている間に、ちょっと面倒な手続きをしに銀行へ。書類に記入しながら、改めて思ったのが、私の凸凹の凹(かなりひどい)は、手続き書類の記入だったあと、思い出しました。

興味がないのです、苦笑。書類の記入って、あまりにもつまらなすぎて、他のことを考えたり、先の手順のことを考えてしまって、どうしても目の前の書類に集中できない。なので、書き損じは当たり前。なんか書くスピードが思考に追いつかないからイラッとするのもあります。パソコンのキーボードはありがたいです。良い時代に生まれました。

小学生の時にはドリルも漢字練習も大っ嫌いでした。中学に上がって、勉強が好きになったのは、ドリルと漢字練習がなくなったからに他ありません。ドリルと漢字練習がなくなって、急に勉強にやる気が出てきたのです。やる気があるかないかで、成果は天と地の差。これは、私の父→私→ミチ と受け継がれている気がします。そして、みな悔しがりの癇癪持ちです…。笑



さて、ギフテッドとアスペルガーの比較リストの続きです。
(元記事は、gifted today という出版物のpdf です。)

『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 社交と感情 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→友達の顔と名前を認識でき、班長、部長など集団の中で一段高いポジションを経験している
ア→友達関係を作り維持するのに明らかに苦労している


ギ→一般社会の標準、常識を理解している
ア→服装、ふるまいにおいて、一般社会の常識に無頓着である


ギ→自分が周りと違うということに非常に敏感に気づいている
ア→自分と周りとの違いについて限られた範囲でしか気づいていない


ギ→楽しみ、活動、興味、達成を意識せずとも自然に分かち合う
ア→楽しみ、活動、興味、達成を自然に分かち合うということに興味がない


ギ→会話をすることで他者とつながる
ア→会話によって他者と交わったりつながることにはっきりと困難がみられる


ギ→自分以外のものの見かたがあることを理解し、他者の考えを取り入れることができる
ア→他者が自分も見かたを分かってくれるだろうと期待している


ギ→人と交流する上での暗黙の了解を理解し従う
ア→社交辞令やその背景に気づかない


ギ→社会への鋭い洞察力や直感力がある
ア→社会への洞察力がない


ギ→大抵は適切な感情表現をする
ア→不適切だったり、幼稚な感情表現をする。また、感情が平坦であったり制限されている。

(10)
ギ→他者の感情を理解し、気持ちを汲み取れる
ア→他者の感情理解に限度がある

(11)
ギ→場の状況を理解し、適切な行動をとれる(空気が読める)
ア→場の状況を読み違え、社会的にとるべき行動をとらない、わからない

(12)
ギ→他者に共感を示すことができ、友達が困っているときには慰めることができる
ア→他者に共感を示すことはなく、助けを必要としているかどうかに関心がない


この項目は以上です。次に、行動という項目、運動能力という項目というそれぞれ短いリストで、終わりになります!


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-06 17:50 | ギフテッドの特徴
アーちゃんーママさんの記事「問題行動のエスカレーションサイクル」を読ませていただいて、ミチの癇癪トリガーについて考えてみました。
そこで、「ちょっと待ってね」「後でね」「◯◯してからね」という言葉を使わずにいたら、なんと今日は甘え癇癪が全くなく過ごせました!(電車に乗って機嫌が良かったというのもあるのですが、笑)

その他トリガーには、“思うようにオモチャを操れなかった” “食べ物、飲み物をこぼした” という完璧主義や非同期発達に起因していそうなものがあります。この手の癇癪は、今日も数回ありましたが、私もそういうところがあるので、甘え癇癪に比べれば寛容でいられ、意外に苦になりません。

今のところ、家以外の場所では、あまり癇癪を起こさないので、出かけることで私の疲労感が減らせるような気がしています。そして今日、「後でね」を言わないことで気づいたのは、どうもミチは私とずっとしゃべっていたいのだなあ、会話を楽しんでいるというか、会話のブラッシュアップに勤しんでいそうだなということです。これは大きな発見でした。あーちゃんママさんの記事のおかげです。ありがとうございます!


さて、昨日の続きです。

※昨日に引き続き、元記事は、gifted today という出版物のpdf です。翻訳間違いがあるかもしれません、気づかれた方がいらっしゃいましたら、教えていただけると勉強になります。よろしくお願いいたします。



『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 会話と言葉 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→多方面に渡る年齢以上のボキャブラリーがある
ア→年齢以上の言葉を使うが、意味を理解して使っているとは限らない


ギ→抽象的概念を理解した上で人に伝えられる
ア→抽象的概念は苦手で、言葉通りに受け止めたり伝えたりする


ギ→魅力的で興味をひく話し方をする
ア→人を魅きつけることのない話し方をする


ギ→自分の興味の範囲に他人を引き込むように話す
ア→話し方や内容が、個人的な興味の範囲について、他人に受け入れてもらうとか関わろうとする話し方、内容ではない


ギ→意欲的(チャレンジング)な質問をする
ア→質問と情報を繰り返す


ギ→年上の子供のような、意味の深い言葉や表現を使う
ア→学者が知識を切れ目なく話し続けているように話す


ギ→手元に資料があっても無くても、上手に詳細についてまで話すことができる
ア→大勢の前で話すときには、上手に詳細についてまで話すことができない


ギ→洗練された社交上のなユーモア、皮肉、嫌味を理解して使うことができる
ア→社交上のジョークを誤解して受け取る


ギ→会話のやり取り(聞いて話す)の大切さが分かる
ア→会話のやり取り(聞いて話す)を理解するのが難しい

(10)
ギ→苦痛、心痛について言葉で伝えられる
ア→苦痛、心痛について言葉よりも体で表現する


会話と言葉については以上で、次は社交と感情についての項目です。続きはまた追って日本語したいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-05 22:27 | ギフテッドの特徴

ミチが成長するにつれ、ハテナ?な部分の輪郭がはっきりしてきているように感じています。
そこで、どこにも相談していないのですが(3月に市に相談の予約入れて心配しすぎかなと思ってキャンセルした経緯があります)、ギフテッドとアスペルガーは、どう違うのかあらためて調べてみようと思いました。

アメリカのママさん掲示板でも、「アスペルガーと診断されました。ギフテッドの特徴も当てはまる気がするのだけれども、誤診なのだろうか? 」というトピックがあったりして、経験を積んだ信頼できる専門家に診てもらうことの大切さを感じました。(ギフテッドの可能性と、アスペルガーの可能性と、両方つまり2Eの可能性があるので)

調べていて見つけたリストを少しずつですが、日本語にしようと思います。gifted today という出版物のpdfです。シンプルな表現だけに、私と夫の中途半端な英語力では誤訳がありそうな気がします。誤訳に気がつかれた方がいらっしゃったら、教えていただけるととても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。



『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 記憶力と注意力 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→様々な分野の情報、事実についての記憶力が優れている
ア→限られた分野、興味の範囲内のことについて驚異的な記憶力がある


ギ→概して正確に顔と名前を覚えている
ア→顔と名前を思い出すのが得意でない


ギ→やればできるだろうが、機械的に暗記(丸暗記)するのを好まない
ア→詳細、事実、数字について考えたり覚えたりするのが楽しい


ギ→興味のある様々なことに猛烈に集中する
ア→自分の好きなことだけに猛烈に集中する


ギ→気が散ったとしても、すぐにやらねばならないことに戻って、取り掛かることができる
ア→何か思いついたり考え始めて気が散った場合、やらねばならないことに戻るのは難しい


次は言葉についてのリストです。また追ってアップします!

ちなみに、ミチは半々な気がするし、う〜ん、もう少し大きくなってからでないと素人の自分には良く分からないなあというのが感想です。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-05 00:21 | ギフテッドの特徴

英語が悔しいようで…

2歳8ヶ月、これは、完璧主義に関わることなのでしょうか。

ミチは、自分がおしゃべりが得意なのがよく分かっているように思います。
公園や託児でみかける乳幼児が、どの程度おしゃべりできるのかを話題にすることもあります。
複雑な内容を話そうとしてこんがらがると、それは悲しそうな泣き方の癇癪を起こすこともよくあります。

6月から、たった週一日50分だけの英語教室に通い始めたのですが、スクールの夏休みをはさんで、楽しそうに自宅で片言を話していた当初と様子が変わってきました。どうも、しゃべれないということで落ち込んでいるようなのです。

ママが、片言をぎこちなくしか話せないというのもとても悔しいようで、「ママはおしゃべりできないねえ」と、残念そうにしています。ひとり言で「5歳になったらおしゃべりできるようになるかなあ…。」などと言っていたり。切ない…。

彼にとっては、週一日50分が本番で、そこで日本語と同等に先生としゃべりたいらしいのが伝わってきます。そこで、気休めかもしれませんが、もっとDVD見て、良く聞いてみたら?と言ったら、積極的にDVDを見だしました。

20分ほど、ひとつのエピソードが終わってから、ちょっと考えてる様子。まだしゃべれるようになってないのが残念だったよう。

次の日の朝も、自ら同じDVDを見て、途中から泣き始めてしまいました。 悔しかったみたいです。そこで、私が英語で話しかけたら、それも分からなかったみたいで、さらに号泣。相当悔しいみたいで…。

ママの英会話の実力が今すぐに上がることは望めないし、どうしたものかと途方にくれています。現在、日本語ではそこそこ複雑な構文と単語を話すので、ミチが望む英語での会話レベルはかなり高いような気がします。絵本の読み聞かせ?聞き流し?you tubeから、色々ダウンロードしてみようかなあ〜。

あと、海外子育てだったら、ミチみたいな子の場合、両親ともに母国語と現地語が違えば、大変だろうなあと思いました。

ちょっと予想外の展開だったので、ブログにメモしておこうと思いました。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-03 15:04 | ミチくんのできたよ!メモ

体操教室の体験レッスン



体験レッスンマニアの我が家。
昨日は、近くにある大型スポーツクラブの2歳~3歳の体操教室の体験レッスンに行ってきました。

たくさん走らせてもらって、あり余るエネルギーを発散してもらおうという目論見でした。
母子分離クラスなので、私も時間が作れてちょうど良さそうだし、体験レッスンでの様子によっては、入会しようと張り切って参加!

結果はNGで、入会しないことに~。(一人時間のチャンスなくなり残念!)


レッスンは人数多く、スピーカー音楽に合わせて身体を動かしたり、集団行動重視。
そして、ミチが嫌がったのが、先生の雰囲気…。女性なのですがちょっと大雑把な感じだったかなあ。ミチは、「先生がオバケみたいで怖かったからダメなの~」と言っていました、苦笑。(先生、ゴメンなさい??)


まあ、そんなことはさておき、まあミチのマイペースっぷりったら!

c0290215_21284837.jpg

・輪からはみ出してます…。

予想の範囲内ではあるけれど、集団の輪からすぐ外れて走り出す、やりたいことを勝手にはじめる、鉄棒やフラフープなど道具を研究しはじめる、など、あちゃあ〜、でした。
(落ち着きないというよりも、確信的な感じなのがなんとも…。)

ただ、いつもミチとだけ接している私からみると他のお子さん達が、子羊のように従順に見えて、逆に「そんなに素直で、良いのか?」と思ってしまったり(こんな母子で残念、苦笑)。
とにかく、他のお子さんの様子にびっくり、衝撃を受けました。


この日の夕方の犬の散歩では、立ち止まり時間長く、呼んでも来ないミチを見て、「今までこんなもんかなあと思ってたけど、素直系の子供だったら、呼べばすぐ来るんだろうなあ。私ったら頑張ってるのね〜」と、遠くで一向に動く気配のないミチを見て自分をほめてしまいました、苦笑。


ところで、先々週、近所にある、年配の舞踏家の先生が指導されているバレエ教室の体験に行ったのですが、このベテラン先生が個性派ミチの扱いが絶妙で、母の私はなかなかできないハイレベル。

ミチはこの先生がお気に入りで「バレエにまた行きたい」と。ただ、私が思っていた以上にお姫様気分の女の子生徒さんが多かったので、ちょっと躊躇しています。私のイメージでは熊川哲也とかニューヨークのダンサーだったんですがね〜。この教室、手先足先に意識して身体を動かす練習に良いと思ったのですが…。

学齢以前は、女の子ばっかりとか関係ないかなあ。それにしても、この先生はクオリティ高かったです。なので、本当はこの先生について習わせたい、でも雰囲気がなあ〜。です。

私は「およげたいやきくん」「キャンディキャンディ」を歌える年齢なので、ますます動き回るミチの相手は、体力的に無理!!! 今回の体操教室が、フィットせずに残念でした〜。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-02 21:42 | ミチくんの遊びメモ