育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2歳7ヶ月なりたてメモ

仕事をしていないのではないかというくらいペースダウンしているのですが、出産前までかなり張り切って仕事をしていた余韻が、ありがたくもあり、結構負担でしんどくもあり…。

ちょっと嵐が収まっている隙にブログで、ミチの成長メモを書いておきたいと思います。
(本当は、内向型の記事を読込みたいのですが、脳みその余裕なく…。ああ若さが欲しい。)



2歳7ヶ月になりました。

基本、車遊びに夢中ですが、お料理セットでお料理つくる真似をしたり、レゴの人形を使いながら、あれやこれや車や汽車に関わるストーリーを作って遊ぶようになってきました。

一番の変化は、今月始めに葡萄さんに教えていただいたピタゴラスプレートの登場で、駐車場などの車ストーリーに登場する構造物を作ることを覚えたことです。最近は、今まで日の目を見なかった「積み木」を使って、モノを作るようになりました。レンガ型の積み木が一番使いやすいようです。

強く触ると崩れるピタゴラスプレートと、すぐ崩れる積み木にハマっている訳ですが、癇癪泣きと甘え泣きが面倒臭い毎日です。ほんと疲れます。

今日は、「癇癪でも、頑張って悔しくて泣いているのはママは好きだ。何もせずに甘えて泣いているのは、応援する気にならん!」と、2歳児相手に本気出してしまいました、苦笑。


ヘンデル好きはまだ続いていて、私がプリントアウトした肖像画を愛でています。ファンクラブがあったら入っちゃうんだろうなあ。「ヘンデル図鑑が欲しいの!」と、言っていますので、笑。

どうかなと思って、バッハの肖像画をiPhoneで見せたら、号泣。地雷でした、笑。
その後試しに見せたモーツァルトの顔もダメでした。


おまるは、シール欲しさに、オシッコをする時もあるというレベル。ウンチも頑張ったけど、うまくできずに、まだオムツです。


スプーンとフォークは、やる気の問題になってきつつあるのか、どうしても食べたいものの時には頑張ってます。が、基本、私が食べさせています。お箸は使いたいみたいですが、うまくいきません。


お友達?は、やっぱり年上の男の子が好きです。近所に物知りのお兄ちゃんがいて、色々教えてもらいたくて、ついて回っています。質問に答えてくれないお兄ちゃんにもしつこく&偉そうに聞いて、嫌な顔されたりもしています、苦笑。


お絵描きはあまりしないのですが、私のリクエストで、サイを描いてくれました。初めての具象物です、笑。

c0290215_024240.jpg


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-28 00:07 | ミチくんのできたよ!メモ
一昨日のブログコメントで、あーちゃんママさんから教えていただいた、スーザン・ケインさんのTED講演を見ました。

自分が、人と上手くやるために身につけた社交性や、仕事で必要だった“表面的な”人付き合いの良さは、やっぱり自分に負担をかけていたよねえと、納得すると同時に、一人で調べたり、考えたりするのが好きな自分に対して、肯定的なイメージが持て、励まされました。


私の理解した、スーザン・ケインさんの主張は以下の通りです。


20世紀の大量消費文化では、セールスマン、つまり外向型が必要とされもてはやされた。

しかし、内向型の深い思考こそが、人類に進化をもたらす。

今は経済でも環境でも変革を迫られている。変革には内向型の深い思考が必要だ。




ギフテッドの子育てで、「もっとお友達と上手く遊べるようになるといいですねえ」なんて言われて親は凹みそうになりますが、それは、スーザン・ケインさんが指摘するように、20世紀の大量消費時代において外向型が必要とされたからこそのアドバイスなのだと思います。

つまり、経済、環境などにおいて変革の必要に迫られている21世紀を生きる私達の子供達にとっては、古臭いアドバイスなのかもしれいと思ったのです。

偉大な発明家の多くは、一人であれやこれや思考する時間が許されていたからこそ、人々に貢献できる発明ができました。それならば、人類として本質を見たときに、ギフテッドの子供達の“自分時間”は、もっと尊重されて然るべきなのではないかと強く感じました。

ギフテッドの子供達が、“自分時間”を十分満喫しながら大人になることができれば、それこそ“神”が与えてくれたギフトが、人類に光をもたらすのではないかと思ったのです。


内向型への注目は、スーザン・ケインさんの本のヒットがきっかけのようで、新しい着眼点なだけにまだまだ奥が深そうで、色々調べてみたくなりました。



あーちゃんママさんからいただいたTEDリンクはこちらです。http://digitalcast.jp/v/12275/

また、スーザン・ケインさんのNHK取材の様子が記事になっていました。リンクします。

日本語に翻訳されたスーザン・ケインさんの本『内向型人間の時代』のAmazonリンクです


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-22 16:24 | ギフテッドの親業
今日は、幼稚園の練習ということで、ミチを託児とプレスクールを兼ねたところに、2時間ほど預けています。

私は、コーヒーショップで、一人の時間。 あゝ至福のとき〜♪

周りには、幼稚園待ちの奥様方がワイワイやっていますが、一人でいる時間が何よりも好きな私は、奥様方の集いは、ホント苦手。自分はやっぱり内向型だなと思います。

私達夫婦も両方の両親も、社交はするけど、友達いなくて平気、家に人を呼ぶのは億劫な内向型。なので、ミチもきっと内向型だと思います。


昨日の記事でも書いた、マイヤーズ・ブリッグスのテスト。
調べていてたどり着いたのが、こちらの「活かす読者」というブログの記事。記事の最終段落が興味深かったです。

ハーバードビジネススクールの学生の多くは、ENTJと診断されるとのこと。
(ENTJ説明の参考リンク ページ左側にENTJがあります)

最初の文字がEということは、外向型。内向型の人は少ないのかあ。そもそもハーバードビジネススクールに行くような人達とはタイプが違うのねえ。憧れるけれど。


夫も私も内向型。ともに会社経営(一応会社というだけの小さなものです)の経験があるのですが、

「やっぱり、会社を大きくしていくのは、外向型なんだねえ。なんだかんだ言って、私達は経営って億劫だし、従業員の問題扱うだけですっごい疲れるもんねえ。」

と、とても納得。この話題で盛り上がりました。

そして、「ミチはどんな大人になるのかなあ、自分にフィットした世界が見つけられるよう、親である私達も見聞を広めないといけないねえ」などと話し合いました。


ちなみに、私は、INTPなのですが、マイヤーズ・ブリッグスの検索をかけてヒットしたブログを書いている人がほとんど、「自己診断したらINTPでした」と書かれているのも面白かったです、笑。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-20 12:23 | その他調べたこと



『内向型の(一人を好む)子供の親業』最後


3. 我が子を受け入れる

ありのままの我が子を受け入れましょう。そうすることで、あなたが心から愛しているということが伝わります。そして、あなたの態度や言動に対して、子供がどのように感じるかを考えてみましょう。

我が子を愛しているからこそ、友達を作ったり、友達ともっと過ごすよう、アドバイスしたくなるのは、自然なことではあります。
でも、そうすることで、「自分は変なのではないか。」と、思わせてしまっているようであれば、変だというつもりで言ったのではないことをきちんと伝えるようにしましょう。

親の態度、言動が原因で、自分が変なのではないかと思い始めると、親が自分を愛していないと思い始めるものです。そもそも、ありのままの我が子であることを望まない親がいるでしょうか。


また、ギフテッドの子供は、非常に繊細だということも忘れてはなりません。私達が感じるのと同じように感じているとは限りません。

我が子を愛しているのはわかります。でも、我が子を変えようとする態度や言動は、自分が受け入れられていないと感じさせ、愛されていないと思わせてしまうことがあるのです。

私達は、子供を愛するのと同時に、そのあり様をそのまま受け入れる(好きになる)必要があることを知っておきましょう。



4. 我が子をサポートする

子供が内向型であることについて理解ができると、他人が我が子に最善ではない接し方をしていることに気づくことと思います。

例えば、教師があなたの子供が、グループワークを他の子供と楽しんでいないのを見て、社交性に問題があると言ってくるということがあるでしょう。そして、他の子供と積極的に作業ができるように指導するかもしれません。

子供がそのままで良いとも思わないし、かといって、教師に自分の子供だけ例外扱いするように頼むのも違うという、とても難しい状況です。


教師に、なぜあなたの子供がグループワークの際に、他の子供と違い、他人との作業を楽しまないのかを説明してみましょう。

説明のために、インターネットでできる無料の性格検査を活用するのも良いですし、教師にマイヤーズ・ブリッグス性格検査(MBTI)を受けさせてもらうように頼むのも良いでしょう。
(調べたら、あーちゃんママさんがリンクしてくださっていた16型性格診断のことですね!)


親である自分がまず理解して、周りにも我が子のふるまいを理解してもらえるように働きかける。
内向型の人生は、賑やかで華のあるものではないけれど、とても興味深い人々であることには間違いないのだから!

元記事リンク


やっと最後まで訳せました。内向型はそんなにも理解されないのか〜、と、書きながら思いました。確かに、高校時代、本当に出かけたがらない友人がいて、不思議に思っていたのですが(しかも、しつこく誘っていた)、内向型というタイプがいると知るだけで「あ、そうなのね。」で済むような気がします。



にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-20 01:15 | ギフテッドの親業


『内向型の(一人を好む)子供の親業』 続き


前回の記事(リンク)の続きです。言い回しが粗くて、統一されていないかもしれないのですが、アップします。



2. 人間関係の好みを尊重する

内向型を理解できると、子供の好みについて認識しやすいことでしょう。
認識できた好みは、尊重するようにしましょう。


例えば、内向型は少人数で過ごしたがります。他の子供が、5人以上のグループで遊んでいる中、我が子が1人2人で遊んでいたら、社交面で問題があるのではないかと、心配することと思います。

そして、もっと友達を作るよう励まさなくては、と思うかもしれません。大人数で遊ぶ機会を作ったりもするかもしれません。さらには、何か問題があるのかを、聞き出そうとするかもしれません。


でも、内向型にとっては、少人数でいることが幸せであり、大人数で遊ばないことが社交性の欠如を表しているわけではないと、理解することで、我が子の友人関係を心配することはなくなるでしょう。

子供が望む以上に、他の友達と過ごすように言ったり、もっと友達を増やすように励ましても、友達を増やすことはないし、積極的に他人と話すようにはなりません。

そればかりか、エネルギーを消耗してしまうし、怒り出すことでしょう。(そして、あなたは「やっぱりこの子には問題があるんだわ」と、思い込んでしまうという悪循環に。)


友達関係にあれやこれや口出しすることなく、子供に過ごしたい友達と、過ごしたい時間を決めさせるようにしましょう。



短くてすみません。今日は、ここまでにしておきます。 次に、受け入れる、という項目に続きます??

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-18 16:50 | ギフテッドの親業

靴屋で号泣


内向型の子供の親業の続きを書きたいのですが、時間をとれず。また、ミチのお昼寝時間をねらって続きを書きたいと思っています。すみません?? (寝てくれ〜)

今日は、週末の出来事メモです。


週末に、夏の靴を買おうと百貨店の子供靴コーナーに行きました。
前回、このお店で靴を買ったのは、7ヶ月前。ということは、2歳になりたての頃です。


前回は、まあひどかった…。

足のサイズを測ってもらうのに、フロア中に響き渡るくらい泣き叫ぶ。??

試着するにも泣き叫ぶ。??

そして、えびぞり…。??

結局、「前のと全く同じ色デザインのものでいいです…」と、そそくさとお店をあとにしたのでした。??

「この子は、かなり育てにくい…」と、確信した出来事のひとつでもありました。


あれから、7ヶ月。 とうとう再チャレンジする時がきました!

以前に比べて、変な場所見知りが減ったので、今回は楽勝だろうと思っていました。

何も言わずに、いきなりお店に連れていくと、「断固拒否!」と、面倒なことになるのは、分かり切っていたので、前々日から、週末イベントの告知として「あのデパートの靴屋さんに行くよ!」と言ってありました。

私の告知に対して、ミチは、「また泣くの〜♪(にこっ)」と、爽やかに、告知返し。(なぬっ)

お店は、すごく混んでいて、順番待ち。その間ミチは、緊張するそぶりもなく普通に百貨店に興奮して浮かれていました。


「やっぱり今回は楽勝だな♪ 」と、気分を良くしていたところ、

順番がきて、店員さんが寄ってきた途端に大声で泣く。??

靴を脱がせたら、「履くの〜〜〜っっっ!」と、叫ぶ。??

サイズを測るのは案外スムーズで、試着時点では、泣かず。??

でも、元々履いていた靴を店員さんが触ると、「ダメ〜っ!」と、泣き叫ぶ、という始末。??

他の子供が、びっくりして、ミチを見ていました。苦笑。


前回と違って、私の話は聞けていたので(会話はなりたってる)、店員さんにお礼を言った後、

「おばちゃん(店員さん)は、ミチが泣いても、こんなに丁寧に靴を選んでくれたんだよ、ママはとっても嬉しいよ。ミチもありがとうって。」と言ったのですが、

ミチは店員さんの顔をしっかりと見て、しかも偉そうな顔をして「ありがとうじゃないのっ!」と、言い放ちました。??


店員さんに、「ほんとすみません、いやあ…。ありがとうございました。(頭ぺこぺこさげさげ)」と、謝罪と感謝の気持ちを伝え、退散しました。

(ミチは、滑舌がよくて、言葉がはっきりしているのと、命令っぽいというか、偉そうなしゃべり方なので、びっくりされることがよくあります。外で見知らぬ大人に偉そう口調でどんどん話しかけるので、最近はよく謝ってます、苦笑)


一緒にいた夫、前回は居なかったので、今回初めてミチの“靴屋で号泣”を見たのですが、「ミチ、なんか変だったなあ。どうしてなんだ?」と。

私は、「変だなモード」を経て、今は「受け入れようじゃないかモード」なのですが、夫はこの週末に、「変だなモード」に入ったみたいです、笑。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-16 23:51 | ミチくんの拒否リスト
以前、内向型について日本語メモしましたが(リンク)、その続きのような記事です。

内向型の子供への親業、つまりは、友達と交わることに興味のない子供への親業ということのようです。

今回も、All about のガイド Carol Bainbridge による記事です。



『内向型の(一人を好む)子供の親業』

親というのは、我が子が上手く周りと溶け込み、朗らかな子供でいて欲しいと思うもの。我が子が社会でやっていくことができるように最善をつくすもの。それなのに、内向型の子供には、育児書や様々なアドバイスを取り入れたとしても、うまく効果が出ないことが多いのです。


内向型というのは、シャイであることと同義で捉えられがちですが、この二つは全く意味が違います。読書や一人で行う何かしらに夢中で、友達といるよりも一人でいることを好むのが内向型。このような子供に、シャイであることを克服し、積極的で社交的にさせようとしてもうまくいかないのです。


では、親としてどうしたら良いのでしょう?


1. 内向型について理解を深める

まず内向型とは何か理解しましょう。

次の、「内向型の子供の特徴」を読んで、あなたの心配していることが、内向型の子供にとって、いたって普通であるということを確認してください。



《内向型の子供の特徴》

社交面において
・仲の良い友達が少ない
・話す側よりも聞き側のことが多い
・家族とは話すのに、他人とは話さない

活動の好みとして
・読書やほんのわずかな人数での遊びなど、一人での活動、一人遊びを好む
・ドアを閉めて、自分の部屋にこもるのを好む
・ゲームやアクティビティにすぐに参加せず、見ていることを好む (参加する前に見ている)
・創造的で、想像力を使った遊びを好む

感情面において
・人に囲まれて長時間過ごした後に、気難しくなることが多い
・気持ちを簡単に明かさない
・人前でミスをした場合、屈辱をおぼえる

以上



ドアを閉めて、自分の部屋にこもり、気持ちを明かさないとなると、よく鬱の兆候だと言います。しかし、鬱の兆候の場合は、以前は社交的だったのに、そのようになったという変化があります。内向型の場合は、生まれ持った性格によるものなので、外的要因によって、行動が変化してそうなったというわけではないのです。言い換えれば、積極的で社交的な子が、急に内向型になることはありません。


健康的な心を育むということで、親や先生は、内向型の子供をなんとかして他の友達と交わらせようとしていることと思います。上記の「内向型の子供の特徴」は、かなり簡易的なものなので、より詳しい内向型についての説明(リンク 英語)を読んで理解を深めて欲しいと思います。内向型の子供の社交、行動、感情などを理解することで、より良い親業ができることと思います。


詳しい内向型の説明は、またいつか日本語にしてみたいと思っています。内向型についての理解を深めたいので。

この記事は、まだまだ、子供の好みを尊重する、子供をまるごと受け入れる と続くのですが、今日はここまでにします!

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-15 08:12 | ギフテッドの親業
あーちゃんママさんのカミカミブログを読んで、そうだ、と、思い出したのが、ミチが2歳の誕生日を過ぎた頃から出てきた、「ネジネジ」です。

右手の薬指先を、右手親指で強くこするようにする動作なのですが、ミチ曰く、薬指先にネジがあるそうです。

このネジネジをしている時は、大抵同時に、下唇を強く噛みしめています。

集中している時というよりも、緊張している時、お兄ちゃんになろうと頑張ろうとしている時に出ているような気がします。

時々、「ネジがなくなった!どこいった!」と慌てたり、「ネジがいっぱい出てきたの〜っ」と叫んだりしています。

爪切りは、ネジはいじらないで欲しいようで、右手薬指指はさせてもらえません。

がしかし、爪切り的には問題ありません。というのも、ネジネジしているものだから、右手薬指の爪は自然に削れているのです。


私が心配しているのは、指が変に骨が曲がって成長して欲しくない、ということでしょうか。


最初のうちは、ネジをいちいち指摘していたのですが、無視していた方が良いと聞き、ネジをそのまま受け入れて、ミチとネジのコンディションについて(笑)話したりしています。


精神的な緊張を感じやすいからなのだろうなと、漢方を飲ませようと買ってみましたが、3日位飲ませても、癇癪がひどいままだったので、今は私が飲んでます。

(私には合っていたみたいで、子育てでイライラすることが激減しました。笑。適応症に血の道症とあったので、私のイライラは更年期障害に差し掛かっていたためだったのだろうか?)


ネジネジはいつまで続くのかなあ。

寝ながらの歯ぎしりは、なくなったので、緊張は減ってきてるのかなあと思いたいのですが…。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-14 18:01 | ミチくんのできたよ!メモ

ミチは、知識欲が旺盛なので、子どもの頃から、英語で調べ物ができるとよいだろうなあと思っています。日本の出版不況で、日本語で読めるマニアックでクオリティの高い本は減っているようですし、インターネットは世界中をつないでる、その言語は結局のところ英語だからです。

また、彼の個性は、どの世界で生きるかわからないので、日本語に限定するよりも、英語も第二外国語としてある程度できていた方が良いだろうなあという思いもあります。


そこで、以前からボチボチ、英語で本を読んだり、DVDを見たり少しだけしていましたが、効果としては、まあ英語という言語が存在してるっぽいな、と、ミチが認識したという程度にとどまっていました。

ベネッセの英語教材からヒントを得て、英語だけをしゃべるパペット(ふくろうさんと呼んでます。)をイケアで買って、親が超簡単なフレーズだけしかできないのですが、しゃべるようにもしていました。

c0290215_16335793.jpg



英語に関しては、そんなでしたが、思いつきで、ミチを英語しかしゃべらない環境に入れたらどうかなと思い、体験ですが、昨日、たった50分の英語教室に行ってきました。

かなりのボリュームを、英語で話しかけてくれる先生でした。(歌って踊ってではなくて、英語でお勉強系)


ミチは、相当気に入ったみたいで、家に帰ってからが面白かったです。

英語への好奇心スイッチが入ったのか、今まで、ほとんどリクエストしなかったふくろうさんを私にリクエストしまくり、ふくろうさんの英語を聞きたがり、英語の本を何冊も取り出し、読めと催促。

色んな動物をふくろうさんは何というのかを知りたがり、いろんな図鑑を出してはふくろうさんと話したがり、正直、私の能力が追いつきませんでした。

(グレビーシマウマ、サバンナシマウマ、ヤマシマウマをそれぞれ英語でなんというのかも分からないし、宇宙のことなんて、サッパリ分かりません〜)



そして、ブログに書き留めておこうと思った理由なのですが、英語だと、ミチが日常生活能力Upしようと、やる気まんまん、頑張るのにビックリ。


ふくろうさん相手だと、

ボタンにチャレンジ(初チャレンジです!)

苦手意識満載のスプーンにもチャレンジ(すくって食べてました)

なんとお箸にもチャレンジ!(うまくいかなくても癇癪おこさず!)



私の語彙が少ないおかげなのでしょうか、ふくろうさんのおしゃべりは、こんな感じです。

yeah, yeah, good, you're doing very well, yes yes try it! gooooood! good try! oh you did it !!!


頑張ってるねえ、よりも、good try! の方が楽しいのか、私の表情が違うのか。


英語は実際この先どんな風にしたら良いのか、試行錯誤ですが、トイレ周りの言い回しを私が勉強して、トイレもふくろうさんにはげましてもらおうかしらと思ったり。笑


ちょっとしたことですが、面白い発見だったので、ブログに書き留めておこうと思いました。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-13 16:40 | ミチくんのできたよ!メモ

レゴの進化とダジャレ

2歳半

最近、ミチのレゴ遊びに活気的進化(?)がありました。

車輪がついていないモノも作るようになりました!笑

記念にブログに残しておこうと思います。


c0290215_17302646.jpg


大した進化ではないのですが、親の私からするとスゴイ進化!

車ではなく、動物を作ってみたそうです。 一番奥の“作品”はアジア象とのこと。

動物園に行ったので、動物ブームに火がついたというのもあるのかな。

それにしても、車キチガイだったのが、視野が広がりつつあるのねえ、と嬉しいです。


(余談: 近くの動物園に行ったのですが、本当はもっと動物がその動物らしくしている動物園、保護活動に熱心なクオリティの高いところに連れていってあげたいです。いつかサンディエゴZooに家族で行きたいねなんて夫と話しています。)



そして、最近のミチのダジャレ。

「白菜はちょっとくさい 」

なかなか好きです、こういうベタなやつ。



くわえて、今流行ってる替え歌。


“汽車汽車ぽっぽぽっぽしゅっぽしゅっぽ〜〜〜 〜 畑も飛ぶ飛ぶ、じいさんも飛ぶ〜走れ走れ走れ〜”


歌い終わって、「じいさんは、もう宇宙まで飛んでったよ♪ 2万年前にね!」とか言ってます。

2万年前が何かは分かってませんが、一人で大ウケしてベッドの上を転がり回っています。


ミチくん、楽しそうで何よりです。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-12 17:32 | ミチくんの遊びメモ