育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

カテゴリ:ギフテッドの特徴( 18 )



ずっと書こうと思っていながら、手をつけていなかった記事です。
フォーブスの女性向けWeb記事サイト中の「音楽系ギフテッドの見抜き方」という視点で書かれた記事です。


『音楽の才能のある幼児を見抜く』

幼児はどんな子でも、音楽が好きなもの。音楽がかかった途端に、体を揺らしたり、足を踏み鳴らします。平均的な子供は、テンポやリズムを合わせたり、音程を合わせることはできませんし、みんなで飛び跳ねるような歌を聞けば、他の子とぶつかるものですが、音楽系ギフテッドの子供はこういったことが他の子よりも上手にできます。
あなたの子供が、リズムに合わせて、お鍋の蓋を鳴らして遊んだりしているのなら、将来大物ロックスターになるかもしれません!


《音楽の才能があるかどうかの見分け方》

ステップ1

子供の動きを注意深く見てください。デューク大学発行の「ギフテッドリサーチダイジェスト」によると、音楽系ギフテッドの子供は、動きにリズムがあると書かれています。例えば、音楽に合わせて、足を鳴らしたり、体をゆらしたり、歩いたり、教えなくともタンバリンをリズム通りに鳴らすなどです。こういったことは、「キッズヘルス」によると、平均的な子供でも、3歳くらいでできることが時折あるようですが、音楽の才能がある子供は、たいてい3歳になるまでにできるようになっています。


ステップ2

子供が、聞こえたものについて話している内容に耳を傾けましょう。音楽系ギフテッドの子供は、平均的な子供よりも、多くの種類の音気づきます。例えば、車の音についてや、ご近所さんがかけている音楽、水の流れる音、運転中にかけている音楽などです。


ステップ3

自宅で子供のために何か演奏してみましょう。そして、音をはずしたことに気づくか見てみます。
簡単な曲を演奏したり、歌ってみて、わざと音程を外してみてください。音楽系ギフテッドの子供は、何かおかしいと気づくことでしょう。また、聞こえた音程をリピートしたり、真似するように子供に言ってみましょう。音楽系ギフテッドの子供は、簡単にリピートしたり、聞いた楽器の音を真似たりすることと思います。


ステップ4

子供に楽器を弾いてみるよう促してみましょう。例えば、ピアノの弾き方を見せて、しばらくした後に、メロディやリズムを真似しているかを見てみましょう。真似しているだけでなく、オリジナル曲を弾いてあなたを驚かせることだってあり得ます。


ステップ5

音楽の専門家に聞いてみましょう。地元の音楽の先生でも良いですし、音大が近くにあるのならそこの先生に会って、我が子を見てもらいましょう。明らかに才能があると言われた場合には、音楽の習い事を始めるも良し、ギフテッドチルドレン向けのプログラムを申し込むのも良いでしょう。


元記事リンク

一人でも多くの子供の才能が見つけてもらえますように!??

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2014-01-10 12:25 | ギフテッドの特徴
もしかすると日本語と英語のWikipediaでは、ギフテッドの定義についての表記が違うかしら?と思って見てみたら、ベースは同じなのですが、少し違うことに気づきました。そこであえて、英語のwikipediaを自分なりの日本語にすることで、理解を深めてみようという試みです。??

※これまた、間違いがありそうなので、訳し間違いに気づかれた方がいらっしゃいましたら、教えていただけるととてもありがたいです。よろしくお願いいたします。


『ギフテッドの定義』 英語のwikipediaより

教育に関する権威団体によって、ギフテッドの定義は異なります。同一の知能検査を用いたとしても、誰がギフテッドと判断されるかが変わってくるほど、権威団体によって見解が異なります。

ある団体は、人口の上位2%をギフテッドとするかもしれないし、その他の団体は、学区や州の上位5%をギフテッドとみなすということもあります。学区など地区を母集団として上位の者をギフテッドとする場合は、母集団のパフォーマンスの良し悪しによって、ギフテッドとされるかどうかが変わってくるということにもなります。


Identifying Gifted Children: A Practical Guide『ギフテッドを見分けるための実践ガイド』(2004年)の中で、スーザン. K. ジョーンセンは、ギフテッドチルドレンとは、以下に述べるアメリカ連邦政府によるギフテッド&タレンテッドの定義に書かれている分野において高いパフォーマンスを示す可能性をもった生徒達だと述べています。

以下が、そのアメリカ連邦政府によるギフテッド&タレンテッドの定義です。

生徒、子ども、若者に関して用いられる『ギフテッド&タレンテッド』という言葉は、知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、特定の学問、いずれかの分野において高いパフォーマンスを示す潜在能力を持つ者を指す。これらの者は、通常の教育では持てる能力を完全に伸ばすことができないので、通常と異なるサービスやアクティビティが必要である。
(P.L. 103-382, title XIV, p.388)



また、The National Association for Gifted Children in the United States (米国ギフテッドチルドレン協会)は、次のようにギフテッドであるということを定義しています。

ギフテッドと言われる個人は、傑出したレベルの推理力と学習力を持つ者、または、一つ以上の領域で上位10%以内の高パフォーマンスを示す者です。その領域としては、数学、音楽、言語など体系化されたものや、絵画、ダンス、スポーツなどの感覚運動技術の全てを含みます。

その能力、才能の伸びは一生涯続きます。幼い子どもにおいては、他の同年齢の子供に比べて、試験や能力測定の結果が高かったり、学習スピードの速かったり、何かしらの業績を残すことで、ギフテッドであることが明らかになることがあります。大人になるにつれて、その領域での高いモチベーションや達成が、ギフテッドであることの大きな特徴となります。
また、様々な要因によって、その能力の発展と表出が促されることもあれば、妨げられることもあります。



上記の定義は、アメリカ合衆国の大部分で全てないしは一部採用されています。以下は、テキサス州の定義の例で、だいたいの州ではこれと似た感じで定義されています。

「ギフテッド&タレンテッドの生徒」とは、同年齢であったり、同程度の経験や環境の者と比べて、極めて高い能力の可能性を示す子供または青年のことを指す。
そして、これらの子供、青年は以下のいずれかに当てはまる特徴を持つ。

・知性、創造性、芸術性のいずれかにおいて、高い潜在能力を示している。
・リーダーシップ能力が非常に長けている。
・特定の領域の学問に秀でている。

(74th legislature of the State of Texas, Chapter 29, Subchapter D, Section 29.121)



定義がそれぞれに異なるものの、ギフテッド&タレンテッドという言葉の定義の主な特徴は、以下のようにまとめることができます。

a) 能力が示される分野が多種多様であること。(知性であったり、創造性や芸術性、リーダーシップ、学問など幅広い。)

b) 他との比較においてギフテッド&タレンテッドであるとされる。つまり、相対的判断である。(一般学校でのクラスであったり、同年齢、同程度の経験、環境におけるグループとの比較において判断される。)

c) (ギフテッド&タレンテッドという言葉は)ギフトを伸ばすために支援が必要であることを示すために用いられる。(その能力と可能性を伸ばすために)


以上が、2013年11月24日現在、英語のwikipediaに書かれていたギフテッドの定義(definition of giftedness)です。

あらためて、勉強になりました。??


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-11-24 11:35 | ギフテッドの特徴

自分について振り返るのが、思いのほか長くなり、連続してしまいました。振り返りについては、今現在にいたるところまで続けようと思っているのですが、今回は、一旦休憩。
以前から、訳してみようと思っていた記事を3回くらいに分けて順に紹介しようと思います。


元記事は、こちらです。

*訳間違いありましたら、教えていただけると勉強になります。よろしくお願いします。



『芸術系ギフテッドの特徴 〜見分けポイント〜』

芸術系ギフテッドは、音楽系ギフテッドほど、早期に才能を見せるとは限りません。また、その判定方が確立されているわけでもありません。

ギフテッド教育は、社会の階層化を徐助長するだけだという否定的な意見もありますが、芸術系ギフテッドの子供達への特別な教育は、彼らの才能を開花させるために、大いに役立つはずです。

さて、まずはどのようにして、芸術分野においてギフテッドかどうかを見分けることができるのでしょうか。

芸術系ギフテッドの場合、音楽系ギフテッドのモーツァルトやメンデルスゾーンのように、早期に才能が分かるということはありません。早期に分かれば良いのですが、芸術系では難しいのです。例えば、レンブラントは学問も優秀で、14歳で大学に通っていますが、子供の頃に描いた作品は見つかっておらず、最も早い時期のもので、19歳で描いた作品です。

レオナルド・ダ・ヴィンチも、あらゆる分野で才能がありますが、15歳での作品があるものの、ほとんどの作品は、40歳以降のものです。
マチスやゴッホも、子供の頃に才能が見られたのかどうかも定かではありません。20歳を過ぎてから絵を描き始めたのですから。
ピカソは特別です。彼の父親はアートの先生で、彼は10代で、大人のような作品を描いています。

芸術系ギフテッドについての研究は、ゲイツケルとロウェンフェルドが、長期調査をしており、よく知られています。彼らは、芸術系ギフテッドには以下のような特徴(見分けポイント)があると、共通の見解を持っています。



《芸術系ギフテッドの特徴》~見分けポイント~

1. 想像力、表現力が豊か。考えを素早く書き留めるのが苦手。外からの刺激がなくとも、次から次へとアイデアが浮かぶ。(自分のアイデアが次のアイデアを引き起こす。)

2. 特定の感覚が優れていることがある。例えば、動き、空間、リズム、色、など。
(テンペラ画だけに興味があり、その他の道具を用いて描くことに全く興味がない子がいたり、動作を捉えることにのみ興味がある子がいたり。)

3. 考えたことと、知覚したことと、心で感じ取ったことを、一緒にまとめて(統合して)表現することがある。

4. 想像力の豊かさが際立っている。独自の信条があり、真似をする必要がない。

5. 自分にとって意味のある時だけ、表現力豊かに描く。学校の先生が設定した課題にノッて取り組むとは限らない。

6. 作品の主題や絵道具は自分自身。芸術系ギフテッドの子供達は、作品の中に生きている。絵道具は指先の延長であり、作品は非常に個人的なもので、内面を視覚化する必要があってできあがったもの。

7. こういった子供のほとんどが、2歳以前に上手に線を描くことができていて、機会があれば、15ヶ月以前に描くことができている。

8. 知能は常に平均以上である。芸術系ギフテッド全ての人が、高いIQを示すが、その逆はない。(IQの高い人のほとんどは、芸術においては平均以下。)

9. 全ての芸術系ギフテッドは、絵道具の使い方が秀逸である。

10. デザインへの感受性が高い。

11. 一人一人の子供が非常に独特で独創的、発明の才がある。

12. 芸術系ギフテッドの子供は、自分の好きな芸術形式に自ら取り組む。周りが取り組むように促す必要はない。


以上が、芸術系ギフテッドの特徴であり、見分けポイントですが、上記全ての条件を満たす必要はありません。

つづく…

この記事の続きは、芸術系ギフテッドの子供の実例です。落ち着いた時間が取れた時に、また訳してみたいと思います! 音楽系ギフテッドの記事もいつか訳してみたいと思っています。??


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-10-20 21:36 | ギフテッドの特徴
ギフテッドとアスペルガーについて簡単にまとめた記事を見つけました。Suite101.comという、ライターが記事を投稿するサイトです。ギフテッドの専門家が書いたわけではなく、参考文献からライターが自分なりにまとめた記事のようです。なので、そのまま鵜呑みにするというよりも、そんな見方もあるのね、と、いったところでしょうか。


『ギフテッドとアスペルガー症候群』

ギフテッドとアスペルガーの子供の行動上の問題は、似通ったものもあります。

ギフテッドの子供の親にとって、アスペルガーの診断も受けるというのは、好ましいことと好ましくないことの板ばさみになっているようなものかもしれません。実際、子供の育てづらさの原因はアスペルガーとは関係なくギフテッドであることだけに理由を求める親も少なからずいます。ギフテッドの子供が経験する感情的な問題は、アスペルガーの子供の社交の不器用さ、同級生への興味のなさと似ているからです。

アスペルガー症候群は、医学界では新しい分野であることからも、誤診も多くあります。しかし、ギフテッドとアスペルガーの両方の診断を受け、誤診ではないと思うのなら、それぞれのサポート法を学んでおくに越したことはありません。


《アスペルガー症候群の行動上の問題》

ステファン・バウアー博士の記事「アスペルガー症候群」によると、アスペルガー症候群を見分ける“刻印”とも言える特徴は、普通とは違う特異な分野への興味が強いというものです。数学や科学などに興味を示し、全てを知り尽くしたいと思うといったことです。そして、周りがこれらの話題に興味がないということに気づかず、社交上で孤立してしまいがちです。

また、アスペルガーの子供は、しばしば感覚統合の問題も抱えています。洋服のタグやチクチクする生地に耐えられないといったのもこの問題によるものです。教室の賑やかさや、その他刺激がきっかけで、不安感が高まったり、メルトダウンを起こすこともあります。

身体の動かし方が上手くないのもアスペルガーの特徴です。他の子供にとっては簡単な課題が上手くできないことがフラストレーションとなり、非社交的な態度のをとる原因になることがあるのです。


《アスペルガーの子供に似ているギフテッドの行動》

ギフテッドは一つ一つのことに猛烈に集中し、他のことを受け付けないくらい、情熱的に取り組みます。また、非常に感受性が強く、他の子供が気にしないレベルの騒音、光、感覚といった刺激を不快に思います。この集中力と感受性の強さが原因で、非社交的と見られたり、教室で問題児扱いされたりしがちです。

そして、知能の発達レベルが違うので、同じ年の子供と関係を築くのは困難です。ギフテッドの子供は自分には分かる概念を理解できずにいる子供に対して、無関心だったり我慢ならないように見えるかもしれません。また、アスペルガーの子供と同じように、身体の動かし方が上手くないギフテッドの子供もいます。このことが原因で、周りから浮いてしまうこともあります。


《アスペルガーでもあるギフテッド(2E)の子供への適切なサポート》

ギフテッドとアスペルガーにはその関係性を示唆するのに十分なほど似通っていて、まるで同じスペクトラムに入っているかのように思えます。ギフテッドとアスペルガーの板ばさみを感じている親は、上記のような行動上の問題を軽く受け流して、ちょっと風変わりなギフテッドと呼びたくなるかもしれません。しかし、行動上の問題が、学業、社交、鬱っぽさに影響しているのならば、やはり専門家の手を借りるべきです。

国立神経疾患脳卒中研究所(NINDS)によると、アスペルガーの子供へのサポートプログラムは、興味に沿って、予測可能なスケジュールで、簡単な段階を踏んで教えて、高度に組み立てられた活動に集中させ、定期的に行動を強化するのが理想的とされており、プログラムには、次のようなものが含まれています。

・ソーシャルスキルトレーニング
・認知行動療法
・鬱や不安感への薬物療法
・作業、運動療法 (感覚統合、身体の動かし方に問題がある場合)
・専門の言語療法
・親業のトレーニングとサポート

アスペルガーの子供をサポートするためのプログラムは、ギフテッドの子供にも非常に役立つことがあります。とはいえ、これらのサポートの介在が行動上の問題を改善したからといって、子供のおかれた状況の病理にとらわれるべきではありません。アスペルガーでもあるギフテッド(2E)の子供には、創造性を伸ばし知能を刺激するアクティビティが必要です。
子供の強みを強調してください。強みを高め、内包している欠点を最小限に抑えるのです。

参考文献:
Webb, J. T. , Amend, E.R., Webb, N.E., Georss, J., Beljan, P., & Olenchak, F.R. Misdiagnosis and Dual Diagnosis of Gifted Children and Adults. Scottsdale, AZ: Great Potential Press, Inc., 2005.

元記事リンク

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-12 18:04 | ギフテッドの特徴
今日も、ブロックがうまくはまらない、食べ物をこぼした、という小さなことで癇癪起こしています。母に「私もこんなだったかなあ?」と、メールしたら、「完全にお父さん、あなたの血ね。悔しさの表現の仕方は違うけどね。あなたは、本のバカっ!積み木のバカっ!ってモノに怒ってたわねえ~。」と。
たしかに!思い出しました! 私、モノに暴言吐いてました。タチ悪いですね~。自分のタチの悪い癇癪を思い出したら、ミチの癇癪が可愛く思えてきました。笑


さて、ギフテッドとアスペルガーの比較リスト、今回で最後です。
(元記事は、gifted today という出版物のpdf です。)


『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 行動 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→変更、変化に対して、静かに抵抗するものの、大抵は受け入れる
ア→変更、変化に対して、激しく(動的に)抵抗する、頑として受け入れない


ギ→規則や組織、仕組みに対して疑問を持つ
ア→規則にこだわる、組織、仕組みが必要である


ギ→手指をパタパタさせる、体をねじる、複雑に体を動かすといった、典型的な行動は見られない
ア→手指をパタパタさせる、体をねじる、複雑に体を動かすといった、典型的な行動が見られる


ギ→問題が起きた時、本人がストレスを感じたり、悩んだりする
ア→問題が起きた時、本人は自分に影響が及ぶまで問題が起きたことに気づかず、親や教師がストレスを感じ、苦悩する


《 運動機能 》


ギ→体を上手に動かせる
ア→年齢に応じた体を動かす調整力が不足している


ギ→チームスポーツに興味を示す
ア→チームスポーツを避ける


ギ→生活に関わる動作が、年相応にできる
ア→生活に関わる動作の獲得に遅れがある

以上です!

スプーンや靴、ボタンなど、生活に関わる動作の獲得、ミチには遅れがあります。どうも、託児や母子分離の英語教室で、先生が上手く誘導すれば、手を使う作業に取り組み、それなりにはできるようになってきているようです。家でも練習してくださいね、と、言われますが、家では頑としてやりません。手強い2歳児です〜。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-07 15:59 | ギフテッドの特徴

今日は、ミチを託児所に預けている間に、ちょっと面倒な手続きをしに銀行へ。書類に記入しながら、改めて思ったのが、私の凸凹の凹(かなりひどい)は、手続き書類の記入だったあと、思い出しました。

興味がないのです、苦笑。書類の記入って、あまりにもつまらなすぎて、他のことを考えたり、先の手順のことを考えてしまって、どうしても目の前の書類に集中できない。なので、書き損じは当たり前。なんか書くスピードが思考に追いつかないからイラッとするのもあります。パソコンのキーボードはありがたいです。良い時代に生まれました。

小学生の時にはドリルも漢字練習も大っ嫌いでした。中学に上がって、勉強が好きになったのは、ドリルと漢字練習がなくなったからに他ありません。ドリルと漢字練習がなくなって、急に勉強にやる気が出てきたのです。やる気があるかないかで、成果は天と地の差。これは、私の父→私→ミチ と受け継がれている気がします。そして、みな悔しがりの癇癪持ちです…。笑



さて、ギフテッドとアスペルガーの比較リストの続きです。
(元記事は、gifted today という出版物のpdf です。)

『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 社交と感情 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→友達の顔と名前を認識でき、班長、部長など集団の中で一段高いポジションを経験している
ア→友達関係を作り維持するのに明らかに苦労している


ギ→一般社会の標準、常識を理解している
ア→服装、ふるまいにおいて、一般社会の常識に無頓着である


ギ→自分が周りと違うということに非常に敏感に気づいている
ア→自分と周りとの違いについて限られた範囲でしか気づいていない


ギ→楽しみ、活動、興味、達成を意識せずとも自然に分かち合う
ア→楽しみ、活動、興味、達成を自然に分かち合うということに興味がない


ギ→会話をすることで他者とつながる
ア→会話によって他者と交わったりつながることにはっきりと困難がみられる


ギ→自分以外のものの見かたがあることを理解し、他者の考えを取り入れることができる
ア→他者が自分も見かたを分かってくれるだろうと期待している


ギ→人と交流する上での暗黙の了解を理解し従う
ア→社交辞令やその背景に気づかない


ギ→社会への鋭い洞察力や直感力がある
ア→社会への洞察力がない


ギ→大抵は適切な感情表現をする
ア→不適切だったり、幼稚な感情表現をする。また、感情が平坦であったり制限されている。

(10)
ギ→他者の感情を理解し、気持ちを汲み取れる
ア→他者の感情理解に限度がある

(11)
ギ→場の状況を理解し、適切な行動をとれる(空気が読める)
ア→場の状況を読み違え、社会的にとるべき行動をとらない、わからない

(12)
ギ→他者に共感を示すことができ、友達が困っているときには慰めることができる
ア→他者に共感を示すことはなく、助けを必要としているかどうかに関心がない


この項目は以上です。次に、行動という項目、運動能力という項目というそれぞれ短いリストで、終わりになります!


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-06 17:50 | ギフテッドの特徴
アーちゃんーママさんの記事「問題行動のエスカレーションサイクル」を読ませていただいて、ミチの癇癪トリガーについて考えてみました。
そこで、「ちょっと待ってね」「後でね」「◯◯してからね」という言葉を使わずにいたら、なんと今日は甘え癇癪が全くなく過ごせました!(電車に乗って機嫌が良かったというのもあるのですが、笑)

その他トリガーには、“思うようにオモチャを操れなかった” “食べ物、飲み物をこぼした” という完璧主義や非同期発達に起因していそうなものがあります。この手の癇癪は、今日も数回ありましたが、私もそういうところがあるので、甘え癇癪に比べれば寛容でいられ、意外に苦になりません。

今のところ、家以外の場所では、あまり癇癪を起こさないので、出かけることで私の疲労感が減らせるような気がしています。そして今日、「後でね」を言わないことで気づいたのは、どうもミチは私とずっとしゃべっていたいのだなあ、会話を楽しんでいるというか、会話のブラッシュアップに勤しんでいそうだなということです。これは大きな発見でした。あーちゃんママさんの記事のおかげです。ありがとうございます!


さて、昨日の続きです。

※昨日に引き続き、元記事は、gifted today という出版物のpdf です。翻訳間違いがあるかもしれません、気づかれた方がいらっしゃいましたら、教えていただけると勉強になります。よろしくお願いいたします。



『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 会話と言葉 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→多方面に渡る年齢以上のボキャブラリーがある
ア→年齢以上の言葉を使うが、意味を理解して使っているとは限らない


ギ→抽象的概念を理解した上で人に伝えられる
ア→抽象的概念は苦手で、言葉通りに受け止めたり伝えたりする


ギ→魅力的で興味をひく話し方をする
ア→人を魅きつけることのない話し方をする


ギ→自分の興味の範囲に他人を引き込むように話す
ア→話し方や内容が、個人的な興味の範囲について、他人に受け入れてもらうとか関わろうとする話し方、内容ではない


ギ→意欲的(チャレンジング)な質問をする
ア→質問と情報を繰り返す


ギ→年上の子供のような、意味の深い言葉や表現を使う
ア→学者が知識を切れ目なく話し続けているように話す


ギ→手元に資料があっても無くても、上手に詳細についてまで話すことができる
ア→大勢の前で話すときには、上手に詳細についてまで話すことができない


ギ→洗練された社交上のなユーモア、皮肉、嫌味を理解して使うことができる
ア→社交上のジョークを誤解して受け取る


ギ→会話のやり取り(聞いて話す)の大切さが分かる
ア→会話のやり取り(聞いて話す)を理解するのが難しい

(10)
ギ→苦痛、心痛について言葉で伝えられる
ア→苦痛、心痛について言葉よりも体で表現する


会話と言葉については以上で、次は社交と感情についての項目です。続きはまた追って日本語したいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-05 22:27 | ギフテッドの特徴

ミチが成長するにつれ、ハテナ?な部分の輪郭がはっきりしてきているように感じています。
そこで、どこにも相談していないのですが(3月に市に相談の予約入れて心配しすぎかなと思ってキャンセルした経緯があります)、ギフテッドとアスペルガーは、どう違うのかあらためて調べてみようと思いました。

アメリカのママさん掲示板でも、「アスペルガーと診断されました。ギフテッドの特徴も当てはまる気がするのだけれども、誤診なのだろうか? 」というトピックがあったりして、経験を積んだ信頼できる専門家に診てもらうことの大切さを感じました。(ギフテッドの可能性と、アスペルガーの可能性と、両方つまり2Eの可能性があるので)

調べていて見つけたリストを少しずつですが、日本語にしようと思います。gifted today という出版物のpdfです。シンプルな表現だけに、私と夫の中途半端な英語力では誤訳がありそうな気がします。誤訳に気がつかれた方がいらっしゃったら、教えていただけるととても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。



『ギフテッドとアスペルガー比較リスト』
《 記憶力と注意力 》


※ ギ:ギフテッド、ア:アスペルガー です。


ギ→様々な分野の情報、事実についての記憶力が優れている
ア→限られた分野、興味の範囲内のことについて驚異的な記憶力がある


ギ→概して正確に顔と名前を覚えている
ア→顔と名前を思い出すのが得意でない


ギ→やればできるだろうが、機械的に暗記(丸暗記)するのを好まない
ア→詳細、事実、数字について考えたり覚えたりするのが楽しい


ギ→興味のある様々なことに猛烈に集中する
ア→自分の好きなことだけに猛烈に集中する


ギ→気が散ったとしても、すぐにやらねばならないことに戻って、取り掛かることができる
ア→何か思いついたり考え始めて気が散った場合、やらねばならないことに戻るのは難しい


次は言葉についてのリストです。また追ってアップします!

ちなみに、ミチは半々な気がするし、う〜ん、もう少し大きくなってからでないと素人の自分には良く分からないなあというのが感想です。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-08-05 00:21 | ギフテッドの特徴
ミチはまだ集団生活がはじまっていないので、当てはまるのかどうかは分からないのですが、身近な話題でもあり面白かったので、ざっくりとですが日本語にしてみました。

記事は、今回もAbout.com の Carol Bainbridgeによるものです。
理由と対策の両方が一つの記事にあったのですが、このブログでは、それぞれを特徴と親業の項目にわけて保管したかったので、二回にわけて書こうと思います。



『ギフテッドの子供がエラそうな理由』

どんな子供にも欠点はあるものですが、ギフテッドの子供欠点として良く挙がるのが、「エラそう」ということです。親としては、「対人関係にとても繊細なのに、どうしてこんなにエラそうなのかしら?」と、不思議に思うこともあるでしょう。

女児の方が、男児よりも、エラそうに人に指図すると非難されがちです。

エラそうに人に指図するというのは、男児の場合は、リーダーシップがあって、かっこいいと人気が出るのに対して、女児は生意気でかわいくないと受け取られ、友達が遠ざかって行きがちです。

女児に期待されるのは、リーダーシップを発揮することよりも、人と仲良くできるということだからです。



《ギフテッドがエラそうになる原因は?》


1. 整理&編成(オーガナイズ)したいから

人のことも活動も何もかも、整理&編成せずにはいられないギフテッドの子供がいます。

また、同年代の子供よりも認知力が高いために、何をすべきかが、他の子供より早く分かり、結果、あれやこれや仕切っているという子供もいます。

このような子供は、ゲームのような遊びの場でも、仕切っていたりします。



2. 複雑なルールが大好きだから

子供の遊びのルールは簡単なものですが、ギフテッドの子供は、複雑なルールを好みます。

友達と遊んでいても、ルールを難しく変えて、友達にもその難しいルールで遊ぶように言うでしょう。たいていは、周りの子供は、難しいルールで遊ぼうとしないので、難しいルールで遊ぼうと友達に言うことが、エラそうだと受け取られてしまいます。

複雑なルールが大好きなだけですから、ギフテッドの子供同士だと、どんどん新しくルールを作り替えて、楽しく遊べます。しまいには、誰かと作り出した、新しいゲームが出来上がってしまうくらいです。



3. 支配、コントロールしたいから

一般的に、エラそうであるのは、支配的だからと考えられていますが、ギフテッドの子供の場合でも、支配的な態度として、エラそうであることはあり得ます。しかしながら、これがギフテッドの子供がエラそうな理由であることはほとんどありません。


この後に、対応法が続くのですが、続きは、また後日書きたいと思います!


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-06-02 23:13 | ギフテッドの特徴
『(ギフテッドの半数以上を占める)内向型の定義』


内向というと、シャイといったイメージがあるけれども、内向とシャイは別物。

シャイな人は、神経質だったり、心配性だったりしますが、シャイな人が内向型であるとは限りません。内向型の人間というのは、一人でいる方がエネルギーが充電されて、他人といると消耗するものです。


内向型は、思考の中の世界に興味があります。

彼らは、考えることを楽しみ、考えや感じたことに思いを巡らすのが楽しいのです。


内向型の場合、社交スキルの高い人でも、社交を避けることがよくあります。

人が周りにいることで、エネルギーが流れ出るかのように消耗してしまうからです。人と関わった後、(例えばパーティーなど)は、必ず一人で充電する時間が必要です。


内向型の人が一人になりたがった場合、それだけでは、鬱の兆候とは言えません。

人が周りにいたことで消耗したエネルギーを充電しようとしているか、ただ一人で考えごとをしたいと思っているかのどちらかです。好きな人や、一緒にいて快適な人といても、静かに一人でいる時間が必要です。


内向性があるというのは、人と会話しないということではありません。

会話の内容は、考え(アイデア)や発想(コンセプト)についてで、ちょっとしたどうでも良い内容の会話ではないということなのです。

なお、内向型の人口は、一般では、25~40%ですが、ギフテッドでは、60%を占めています。


元記事リンク


あーちゃんママさんが以前ブログで紹介されていた、16タイプ別性格判断(リンク)で、私はINTPだったのですが、この I が内向型の頭文字です。

なので、この定義を読んで納得。一人の時間がないと死にそうになるのは、鬱傾向だったわけじゃなかったのね、とほっとしたのでした、笑。(自分のことなのに~)

内向型の子供への親業といった記事もあるようなので、また読んでみようと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-05-30 15:23 | ギフテッドの特徴