育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

ギフテッド特有の苦しみなど、思ったこと

前回の記事でいただいたコメントを読んで、堀江貴文という人は、会ったことがなくても、その人柄に関する印象を言わずにはいられないくらいインパクトのある人物なのだなと気づき、とても興味深かったです。

私は、彼に対しての感情はニュートラルなのですが、同世代で同じ時期に起業していた者として、その頭脳とエネルギーは並大抵のものではないと思っています。

堀江氏と同様に、多くの人の感情を刺激し、ネガティブな印象で語られることの多い人物として、雅子妃殿下を思い出しました。

私の周りだけかもしれませんが、有能で自ら動くことができて、働くのが好きな女性が、代々続く何とかなどと“難しい家”に嫁いで結局離婚するというのは、まあよくあること。(離婚後の活躍が目覚しかったりします。)
雅子妃殿下は、その“難しい家”のスケールが違い、多くの人がその“難しい家”の常識を世間の常識としたところで、ネガティブ寄りのことを言われやすいのでしょうか。


堀江氏にしても雅子妃殿下にしても、「本人は良いと思って一生懸命頑張っているのに、凸が大きいばかりに、凹が目立って、しかも、その凹が一般的な感覚からは理解されずに叩かれている図」に見えてきました。


そう思うと、今育てている可愛い我が子が、本人が純粋に頑張っているのに世間から叩かれる。
つまり、凸がガーンと世間を賑わしたために、凹が世間の目に触れ、理解されず、凹のことばかり言われるようになる(ひどい場合は牢屋に入れられる)ということもなくはないということに思い至りました。
また、ギフテッドだと、社交において一般人には理解されないことが多いので、この確率があがるのかもしれません。子供の頃は違和感を感じ、大人になってからは孤独を感じる、というか…。


そう考えると、ギフテッドという定義は、こういったギフテッド特有の苦しみを和らげるためにも必要なものだと分かります。ギフテッドだから多くに理解されないと知るだけで救われます。
だから、「だれもがギフテッドだ!」と言ってしまうと、この人達は救われないのではないかと思います。

もちろん、子育てで、お母さんが「誰だってギフトがあるもの!」というのはとても素敵なことで、こんなお母さんに育てられている子供は幸せだと思います。でも、そのギフトと、このギフテッドは違うものだということです。


ところで、「頭が良いからと言って、人間性が良いわけではない。」「いい部分もあるのに惜しい。」と、前回記事コメントでいただきましたが、今思えば、私もギフテッドと思われるの人と接する機会が多かった若かりし頃、「頭はいいんだろうけど、話がおもしろくない。」「その分野だけ優秀でも、人としてはちょっと。」などと、失礼なことを言っていました。

でも、ギフテッドは、繊細でもあるので、特にこういうことを言ってはいけなかったのだと知りました。(直接は言ってはいませんが申し訳なく思います…。)

そして、ギフテッドという人がいると知って、ギフテッドと思われる人に対して、親近感がもてるようになりました。(変人→優秀な愛すべきキャラ、という具合に)

血液型じゃないけれど、そんなカテゴリーの一つとして、ギフテッドが認知されると良いのになあ。とも。

なんだか散漫な文章ですが、思ったことをツラツラと書き留めてみました。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-11-10 00:08 | 私が最近考えたこと