育てにくい息子について調べていてギフテッドについて知りました。息子がギフテッドかどうかはさておき、ギフテッドについて調べたことや日常をメモしておこうと思いこのブログをはじめました。


by Michi-mama3

『なぜフランスにADHDはいないのか』

psychology todayの人気記事ということで、目に止まりました。

著者は、マリリン・ウェッジ博士。カリフォルニア州在住。子供に精神的障害と決めつけず、投薬を行うことなく、子供本位になることで解決するファミリーセラピーを行っている先生です。

元記事は、具体例も書いてある長い記事なのですが、「そんな見方もあるんだなあ」と、自分の視野が広がった要点に関わるところだけ、ざっくりブログにメモしておこうと思います。


『なぜフランスにADHDはいないのか』

ADHDは、アメリカの学齢のうち、少なくとも9%はいて、薬が処方されている。
一方、フランスでADHDの診断を受け、処方箋をもらっているのは0.5%に満たない。
この違いはどこから生じるのか。


ADHDは、生物神経学的な障害なのか?
実は、アメリカとフランスでは解釈と解決法が違う。
アメリカでは生物学的な機能障害と考え、リタリンなどを処方する。
一方、フランスでは子供の脳機能の問題ではなく心理的な問題と捉え、問題の背景をさぐり改善しようとする。


また。アメリカとフランスでは、子供の精神的な問題を分類するために使う基準システムが違う。
アメリカでは、DSMという基準システムを使っているが、フランスの精神医学会はこのDMSに対抗して、CFMTEAというシステムを作った。

アメリカのDSMは、薬の処方と症状の軽減を目指すシステムだが、フランスのCFMTEAは子供の症状から心理学的な原因を探るものとなっている。

その他、アメリカの子供のテレビの視聴、食品添加物の影響の大きさや、米仏のしつけ文化も違いについても触れられている記事です。

元記事リンク


著者は、薬反対派なので、フランスを持ち上げる論調、あえて目を引くタイトルにしているのではないかと思います。
私個人としては、米仏のどちらが正しくて優れているいうことよりも、ADHDというのは、国や文化が違えば、診断だったり、その後の扱いも違うというのが分かったのが、目からウロコでした。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by Michi-mama3 | 2013-05-24 15:44 | その他調べたこと